続き

前回の続きです。

無事に裁判所は見つかりました。
裁判所の事務所で、jewish waiverを申請する理由などを書類に書き込み、その後は指示された部屋に移動。
そのドアを開けると、思い切り裁判進行中。
弁護士さんが弁明しています。
b0143079_11483273.jpg

まさにこんな感じの場所。

あ、部屋を間違えた、と二人とも思い、そっとドアを閉じるものの、部屋番号は指示されたものと同じ。
さて、どうしたものか、と思っていると、ドアが開き、入ってくるように言われました。
自分達が行くことは既に連絡されていたようです。

とりあえず傍聴席の一番後ろにそっと座ります。
すると、じっと話を聞いていた黒人の裁判官、"もっと重要なことがある"と、弁護士の弁論にストップをかけて、自分達に”こっちに来なさい”と手招き。
裁判止めちゃっていいのか?と思いつつ、指示されるままに裁判官に個室に連れていかれました。

自分達がjewish waiverの為に来ていることは既に知っていたので、早速その理由を聞かれました。
まず最初に聞かれたのが、"are you in service?"
ミリタリーに入っているのか?という事です。
jewish waiverを申請するケースの多くは、兵役の為に時間がない、という理由らしいです。

いいえ、フィオナが翌日帰らなければならないんです、と説明。
すると、フィオナの英語力と台湾に住んでいると言う事のギャップに驚いたようで、同じ部屋にいる職員(アメリカ人)を指差して、"あいつより立派な英語を喋るじゃん"と。
かなり気さくな裁判官です。
さらに自分を指差して、"君の方が台湾人ぽいし"と。
(日本人と台湾人の区別がつくのか謎)

自分達の国で結婚すればいいじゃん等、色々聞かれるんだろうな、と思っていたら、
"じゃあいいよ"
とすんなり許可がおり、こっちが面を食らいました。
さらに、"Do you want me to marry you two here?"と。

まさか裁判官にそんな権利があるとは知らず。
当初の予定では、裁判官に許可を貰ったら、立会人(witnessと呼ばれます。直訳すると目撃者)になってくれる友達を連れてオフィスにもどって、そこでmarriage ceremonyをする予定でした。
が、その場で結婚させてもらえるならば話が早い、ということでお願いしました。

"じゃ、裁判が終わるまで30分くらい待ってて"
と言われ、自分達は傍聴席に戻り裁判を傍聴。
進行していた裁判は交通事故とそれに伴う障害の関連性についてのもので、自分にも興味深かったです。

裁判が終了し、今度は自分達の番。
裁判官の前に呼ばれました。
立会人は、彼の秘書たち。
自分とフィオナの名前を書類にサインをし、立会い人にもサインをしてもらいます。

ここで、予想はできた事だろうけれど忘れていたのが、Wedding vowsと呼ばれる、結婚の誓いです。
裁判官(キリスト教の普通の結婚だったら神父)に続いて誓いの言葉を復唱します。

I, (Bride/Groom), take you (Groom/Bride), to be my (wife/husband), to have and to hold from this day forward, for better or for worse, for richer, for poorer, in sickness and in health, to love and to cherish; from this day forward until death do us part.

彼はずっと自分の名前をユウスキと読んでいました。
慣れたことなので、この時までは別に訂正したりせずにいました。

で、上の英文を見てもらうと分かるとおり、このwedding vow、自分の名前を呼ぶ部分が最初にあります。

裁判官"I, ユウスキ, take you Fang-Ying, to be my wife"
自分"I, ユウスケ,,,
裁判官”ユウスケって読むのか!何で今まで訂正しなかったんだよー”
と突っ込まれました。
え、そこ流さないのーと思いつつ、”いや、アメリカ人は皆そう読むし、気にしないから”と答えると(結婚の誓いの途中なのに)、まったくもう、という感じで誓いの言葉を続行。

とてもシンプルな言葉なんだけれど、どんな事を言うか予測がつかなかった上に、結構まとめて読むものだから覚えきれず、聞きなおすという、なんともカッコのつかない誓いの言葉になってしまいました。
まー自分らしいのですが、予習しておくべきでした。
フィオナは流石で、キチンと復唱していました。

他にもエピソードがあり、ここでは照れくさいので書きませんが、色々と裁判官に突っ込まれつつ、無事(と呼んでいいかわかりませんが)に終了。
いつの間にか傍聴席にいた人たちにも祝福されながら、裁判所を後にしました。

後から聞くと、marriage ceremonyを引き受ける裁判官は、彼一人だそうです。
いい人に当たってよかったです。

サインをした書類はのちにオフィスに送られ、その後に日本の実家に送られる予定です。
無事に届くといいんだけれど。

道に迷うわ、誓いの言葉は聞きなおすわで、なんとも自分らしい(頼りないって声が聞こえてきそうですが)結婚でした。
この人とこの先の人生を共にする、という事がとても自然な事のように感じられたので、特別な興奮みたいなものはありませんでした。
フィオナも同じだったようです。

お金も地位も、この先の保証もなんもないけれど自分と一生を共にする事を選んでくれた人。
I'll make her feel that she is the luckiest girl in the world
ってのが自分の誓いです。
[PR]
# by u2k_maru | 2009-04-14 13:44

結婚手続き in NY

記憶が薄れないうちに、結婚した時の流れを記録に残しておこうと思います。

ニューヨークでの結婚は(他の州でも同じかもしれませんが、アメリカでは州ごとに決まりが違うので定かではありません)、marriage licenceを取得する事から始まります。
そして、このmarriage licenceを取得した後に、marriage celemonyを経て結婚成立です。
婚姻のしるしとして、marriage certificateを取得します。
割とシンプルです。
が、自分達の場合は(だから?)、そうシンプルに事は運びませんでした。
3回のトライの末、ようやく結婚できました。

まずはmarriage licenceの取得。
これに3回のトライを要しました。

一回目。
オンラインで情報を登録した後、ニューヨークに数箇所あるオフィス(自分達は友達の家が近いqueensのオフィスに行きました)に行きました。
が、窓口で情報を確認している時に、オンライン時にはoptionalとされていたsocial security numberが、実は必須だと言われ、色々粘るものの、その場で番号を確認できなかった為に認められず、撤退。
optionalと書かれていたのに必須だったことや、予定通りに事が進まなかった事よりも、その担当官の態度の酷さに、自分は不機嫌になりました。
フィオナになだめられつつ、一旦引き上げ。

二回目。
翌日、social security numberをしっかり確認して、仕事後だったこともあり、queensよりも近いbronxのオフィスに。
この日は、雨が土砂降り(アメリカの土砂降りって、日本のそれの3割増しって感じです)。
運転にそうとう気を遣いました。
目的地までの地図をプリントアウトしてきたのだけれど、プリントアウトした地図のスタート地点は自分の家、実際のスタート地点は職場。
最初の大きな分岐点で逆に曲がりました。
”あぁ、地図どおりじゃないな”と思いつつ、最近は道に迷ってもなんだかんだで目的地にたどり着いてきた自信(勘違い)と、車を停めるのすら躊躇われる大雨により、地図を無視する事に。
結果、本格的に迷いました。
目的地の住所の傍まで来ている雰囲気はあったのだけれど、目的地の住所のストリートが行き止まりになっていたり。
まぁなんとかなるさー、と思い始め、そのうち、諦めたらそこで試合終了だ、と自分に言い聞かせ始め、実際にギリギリまで諦めはしなかったものの、無情にも時間切れ。
オフィスが閉まる時間になってしまいました。
一回家まで戻って地図どおりに行こう、と提案したフィオナに、"大丈夫だって"と言って聞き入れなかったこともあり、"だから言ったじゃん"的な雰囲気。車の中の重い雰囲気って、アレですよね。
で、ここでそのまま帰宅したらイカン、という事になり、じゃあヤンキースの試合を観に行こうと。
仕事の後に、Anthonyに今日が新しいヤンキーススタジアムの杮落とし試合だって聞いていたのを覚えていました。
球場までの道は、フィオナが地図を見ながらナビゲート。
方角ちがうんじゃないの?と思っても、自分には口出しする権利なしです。
その結果、ばっちり球場に到着。
今後、二人で車に乗るときは、フィオナのナビに従って自分は運転に徹することに決定です。異議なし。
少し雨がパラつきましたが、球場周りの雰囲気がとてもよく、フィオナがとても楽しそうにしていたので一安心。
試合も球場の雰囲気も大いに楽しめたので、道に迷わなかったらこの試合観戦はなかったよねーと言う事で丸く収まりました。

3日目。
フィオナが帰国してしまう前日。もう失敗は許されません。
場所が確実に分かっているqueensのオフィスに行く事にし、前日はqueensの友達の家に宿泊。
これまた結構な雨。
傘を持っていなかった為、簡単にはいかないねーと話しながら、駐車場からオフィスまで雨に打たれながら移動。
朝一のオフィスはすいていて、今度はすんなりとmarriage licence取得。
手続き代を払って、次はmarriage certificate取得の手続き開始。
実は、marriage licence取得後、24時間待たないとmarriage celemonyを行えない、というルールがあります。
翌日フィオナは帰ってしまうので、24時間待つ余裕はありません。
が、ルールには例外があるのが常。
このルールにも、jewish waiverといって、裁判官が認めた場合に限り24時間待つというルールに従わなくてよいのです。
これは事前にチェック済みだったので、jewish waiverを申請。
ところが、"このオフィスに裁判官はいないから、~の裁判所まで行って頂戴"と。

今までの経験から、ここで焦ってはまた道に迷うなり何かしらのトラブルが起こるだろうと考え、一度友達の家に戻り、インターネットで道のりを確認。
一息ついてから、裁判所へ。

あまりに長いので、ここで一旦区切ります。
[PR]
# by u2k_maru | 2009-04-13 11:50 | その他

報告

今朝、空港で見送りました。
見送り、見送られ。これまで何度も繰り返しましたが、この空虚感には慣れません。
この一年は、本当に時間の経つのを早く感じていましたが、その中でもこの10日間の短さは際立ちます。

限られた時間でしたが、その中で二人で成し遂げた事があり、特別な時間を過ごせたし、提供できたと思います。

許可がもらえて連れて行った職場では、トレーナー陣、コーチ陣、フロントスタッフと、ほぼ全ての人たちに紹介ができました。
また、Rogerはヘッドコーチにフィオナの練習見学の許可まで頼んでくれて、ヘッドコーチは快く承諾してくれました。
軽い練習の予定が、テーピング有りのフルコンタクトの練習に変わったのは幸運な偶然でした。
見方によっては、試合よりも面白いですから。
自分が練習後のトリートメントをしていてフィオナを待たせている間、選手達は彼らから話かけてくれていたらしく、彼らにとっては普通のことなのかもしれませんが、自分はとても嬉しく思いました。

ヤンキースの新スタジアムの杮落としのゲームを観に行きました。
当初は予定に入っていなかったのだけれど、近くまで来たので行ってみようか、と足を運んだら大正解。
台湾人ピッチャーの王建民が先発したし、松井選手もホームランを打つなど、見所満載。
新しいスタジアムはとても豪華で、試合を観るだけでなく、スタジアムの雰囲気で楽しめる空間でした。
日本の夏祭りを彷彿させる観客がスタジアムの周りに溢れ、当日券があるか心配をしたけれど、記念すべき新スタジアムの杮落としとはいえプレシーズンゲームと言う事で、無事に入場できました。

ニックスの試合にも招待できました。
残念ながら試合には負けてしまったけれど、ニックスの後半の追い上げは盛り上がったので雰囲気は満喫できたと思います。
試合の後はMSGのトレーニングルームにも連れて行き、チームドクター達にも紹介できました。
練習見学を含め、どこまで連れていって大丈夫かな、というのは当然気にしましたが、自分が考えたり聞く前に、"bring her ~"と言ってくれたRogerには感謝感謝です。
本当に、気持ちを読んでくれる人です。

NYにいる、フィオナの友達とも会いました。
自分がNYに来てからとてもお世話になっているChris/Bethany夫妻の家にも何度かお邪魔し、2歳になるForrest君と遊びました。
この家族は、ほんとうに居心地がいいし、色々とお手本になります。
他の友達とも会いました。
フィオナが素敵な友達を持っていることが嬉しかったです。

他にも買い物に行ったり、街を散策したり。
1人ではただ通りすぎてしまう風景でも、2人だと特別になります。
鳥が歩いているのを見るだけでも楽しめてしまいます。


ここで報告です。
誰に対して個人的に報告するべき/したいのかが考えれば考えるほど分からなくなったので、この場を借りてしまいます。

先日(4月6日)、フィオナと結婚しました。
スタイルは違いますが、日本でいう入籍です。
フィオナが来てくれた翌日にプロポーズをしたので、一週間というとても短い婚約期間でした。
理由あってアメリカで結婚をしましたが(これについては今度書きます)、さらに事情があって、裁判所で結婚しました(別に悪い事をしたわけじゃありません。これについてもまた今度書きます)。
厳粛さよりも笑いが先行する、ネタが満載の結婚と相成りました。
驚いた人は多いかもしれませんが、結婚する事はかなり前から二人で分かっていたので、自分達にとってはとても自然な流れです。
皆に紹介できる日を楽しみにしています。
[PR]
# by u2k_maru | 2009-04-08 14:28 | その他

再会

明日は仕事の後に空港に向かいます。
フィオナが台湾から会いにきてくれます。
前回彼女を見送ってから、一年の月日が流れました。

一年前は、アーカンソーにいました。
約一ヶ月間滞在してくれたけれど、バスケチームで実習をしていた自分はSECトーナメントとNCAAトーナメントに帯同したので家を空けなければならず、とても申し訳ないことをしました。
自分自身も、カレッジバスケの大舞台に帯同できる興奮と、フィオナを待たせている申し訳なさに挟まれて、そうとうに苦しかったのを覚えています。
今回は、チームの遠征の時期と重なっているから大丈夫! と思いきや。
事情があって遠征に帯同しない選手のワークアウトとトリートメントをチームが遠征で離れている間、担当する事に。

フィオナが来る事はヘッドのRogerも知っているので、とても申し訳なさそうに頼まれました。
予定はちょっと狂うけれど、part of this professionってヤツですので、そういって快く引き受けました。
Rogerの素敵なところは、自分が聞く前に"take your girl friend to the facility while you are working. if she want, she can stay in my office"と言ってくれるところ。
自分が働いているところを見せるのは、普段は出来ないことですし、一日2時間くらいなので、これはこれでいい機会かなって思います。

NYに来て8ヶ月くらいになりますが、仕事ばっかりで(働いているって感じは全くしないのですが)、NYに住んでるらしい事をしたことがありません。
時間もそうないですし、インターンの身であり、今後も学生をする者としては節約も大切です。
自由の女神がどこにあるのかすら知りません。

でも、この機会にNYを満喫しようと思います。
以前にも書きましたが、いつからか、経験は共有するもの、という感覚に傾いています。
行こうかな、とずっと迷っていたブロードウェイのミュージカルも、もう迷う必要はありません。
ニックスのゲームにも、チケットを準備してもらえたので招待できます。


この一年という年月は、自分とフィオナでは感じ方が違うのは当然。違う人間が違う場所で過ごしたのですから。
自分は多くの進展とそれに伴う新しい刺激に囲まれていたので、こんなことを言ったら怒られてしまいそうですが、あっという間の一年でした。
フィオナがどう感じているかはまだ分かりませんが、きっと自分が感じた1年よりも長かったんじゃないかなと。
自分を支えてくれて、待っていてくれて、そして身動きがとれない自分に代わって、前回辛い思いをさせたのにも関わらず、また会いにきてくれる大切な人に幸せな時間を過ごしてもらえるよう、柄ではないけれど張り切ろうと思います。

というわけで、次の更新は10日後です。
[PR]
# by u2k_maru | 2009-03-29 13:25 | その他

big heart

15連敗。
チームの事ではありません。
たしかにチームも長い連敗中でプレイオフ進出の現実味は薄れてしまいましたが、チームの最後の一人が希望を失うまで、自分はコーチと選手を信じて自分ができる貢献をするまでです。
バスケの1on1の話です。1人の相手に対して、ここまで負け続けたことはありません。


相手は、skill developmentがメインの役割であるassistant coach、コーチK(41)。
NYで生まれ育ち、カレッジ時代はUniversity of RichmondをSweet16まで導き(彼の平均得点は20点近く)、プロとしてはヨーロッパを中心に13年間プレー。
ポジションはPG, SG。
その後はGeorgia(ヨーロッパの国)のナショナルチームのコーチや、NBAのスカウト等を経て、去年はHouston RocketsでAssistant coachを勤め、今年からは生まれ故郷のNYのチームであるKnicksのAssistant coachを勤めます。

毎日の練習後に彼は2人の選手のシューティングドリルを担当していて、自分は彼の手伝いをします。
リバウンド、パス、スクリーンだけに留まらず、ディフェンスやランニングプレーの役までやらせてくれるので、一日のお気に入りの時間の一つです。

彼は忙しいので、頻繁にというワケには行きませんが、1on1の相手をしてもらっています。
その結果が、今のところ15連敗。
とんでもない41歳です。

選手と対等にスリーポイント勝負ができるシューティング力。
スリーポイントは、自分が認識できているだけでも、3通りの足のセットの仕方、2通りの腕の振りかぶり方を、ディフェンスに合わせて使ってきます。
それに加えてドリブルのフェイクも組み合わせてくるので、打たせてはいけないと分かっていても、止めきれません。
彼は彼のムーブで攻めるというより、俺のディフェンスを読んで攻めてきます。
それも、一つのムーブを止めても、それに合わせて二つ目を仕掛けてきて、それを止めても三つめが来る。
それにこらえて完璧に止めたと思っても、体の強さでスペースを作られて、どちらの足でも踏み切れるランナーやレイアップでねじ込まれます。

ディフェンスも、俺の持ち味が全然出せません。
得点できないワケではないけれど、自分の理想の形でシュートにもっていく事は容易じゃありません。
絶妙な間合いと、駆け引き、体の強さ。
自分達の1on1を見ている周り(自分が普段一緒にバスケをする人たち)からは”Do what you do agaist us!”などと言われますが、それができないんです。
剣道をやっていた時、上段で構えるある先生を前に動けなかったのと似た感覚を覚えます。
何をしても読まれている感覚。

そして、なによりも凄いのが、なにがなんでも負けないという意思。
Mental Intensityとでもいうのでしょうか。
コートに倒れた時に、手を差し出してもひっぱたかれます。
自分だって、なんとしても勝ってやるという気持ちで挑みますが、認めたくはないけれど、威圧されます。
その意思の出所が、自分には敵わない深さがあるんです。

"too strong, too skilled, and too big heart"
彼の勝ち台詞です。15回言われました。

彼のメンタリティーは、NYのプレイグラウンドで培われたそうです。
彼の幼少時代、NYのストリートでプレイする白人は少なく、彼のプレイグラウンドでは彼以外の白人プレイヤーはいなく、1人で黒人選手に混ざってしのぎを削ってきたといいます。
学生時代、全米で最も多くのブザービーターを決めたという話を選手から聞きました。

とても無骨な感じの人で、特にプレイ中はガンガンにトラッシュトークを浴びせてくるけれど、その中に自分を認めてくれている空気があるし、冗談も言い合える、一番仲がいいコーチです。

残りのインターンの期間は、最短だと1ヶ月強。
なんとしても勝ち星を上げてみせます。
ちなみに彼は、去年Rocketsで働いている時に、a.k.a Skip to My Louに1on1で勝ったらしいです。
[PR]
# by u2k_maru | 2009-03-27 11:09 | Basketball