地に足付いて

インターンを始めて、一週間。
自分でも、新しい刺激的な場所に舞い上がっているのは感じていました。
それを、しっかりなだめようとしていたのも、また舞い上がっている自分自身では話になりません。

基本的な事、というよりも責任という事への認識が薄くなっていました。
間違いを重ねる前に、早い段階で客観的な指摘をいただけたのはとても有難い事です。

もう舞い上がっている自分は地面に叩き落とします。
しっかり、地面に足を付いて。


さて、足繋がりですが、膝の調子は日増しに良くなっています。
まだまだ走ったり捻りを加える事は厳禁だけれども、
可動域はほぼ戻ったし、自分でリハビリを開始しました。
せっかく、施設もコートも仕事の前後に使っていいと言われているのに、そろそろ禁断症状が押さえられなくなりそうです。
2週間で復帰を目安に、頑張ります。

さて、
これを読んでいるAT関係の方で、選手に膝のテープを実際に巻いた事のある人はいるでしょうか?
自分は初日に気合を入れて巻いたのですが、思わぬ落とし穴がありました。

テープがずり落ちないようにアンカーと呼ばれるテープを大腿部と下腿部に巻きます。
役割上、多少は皮膚に直接テープが被ります。
アンカーは、他のテープの停止部にもなる役割があるので非常に大切なのですが。

今回、自分はホワイトテープを使ってアンカーを巻きました。
習ったように、膝を少し屈曲した状態で巻いたのですが。
実習で動き回っている間に、大腿部のアンカー周辺に痛みを感じ始め、
家に帰って確認したところ、膝の屈曲進展にともなう皮膚の移動をホワイトテープが制限した為に発生した裁断力(shear force)によって皮膚が裂けました。
裂けなかった部分も、アンカーにそって水ぶくれができています。

自分で経験してよかったけれど、こんなのをアスリートにするわけにはいきません。
女性アスリートの足をこんなにしたら、えらい事になります。
対処策としては、アンカーを巻くときに、quad とhamを両方isometricで収縮させて皮膚に緊張を与えた状態にする事と、ホワイトテープではなく収縮性のあるテープを使うことでしょうか。

一つの怪我から学ぶ事は多いです。
もし、こんな風にして防止しているよ、というのがあったら、教えてください。

さて、来週中には、住む場所が決まる予定です。
値段と学校までの距離のみが考慮する事項だったアーカンソーとは違い、治安という部分が最も大切。
いい場所に落ち着けますように。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-06-16 02:57

場違い

Athletic TrainingとBasketball。
たまに、自分のprofession(と呼ぶにはまだ早いかもしれないけれど)であるATにBasketballが大きく介入しすぎている気がする時があります。
“結局、バスケが好きなだけじゃないの?”
って言われたら、もちろん否定はするけれど“うーん”と一瞬考えてしまうかも。

ATとしては、その対象が高校生だろうと大学生だろうと、プロだろうと、自分のやる事や意識に変わりはありません。
でも、隠し切れない一バスケットボールプレイヤーの自分が、ひょっこりと顔を出してしまうのも事実。

今日はテーピングを任せてもらいました。
UofAのエースプレイヤーに初めてテープを巻いた時はかなり緊張したのを覚えているけれど、今回は頼まれた瞬間を除いては落ち着いていたと思います。
去年はほぼ一年間、毎日のようにUofAの選手たちにテープを巻いていたので、いつも通りに手の感覚に任せました。
周りにいる選手の顔ぶれと、インターンの自分に、技量のチェック無しにどんどん仕事が回ってくるという状況に、表には出しませんが、驚きの連続です。


今日は今ドラフトの目玉の一人が参加したのだけれど、噂に違わず、素晴らしい才能と能力の片鱗を見せました。
Pick up gameと実際の試合とは大きな違いがあるとはいえ、NBA選手を相手に堂々と渡り合っていました。
実際に一番点を取っていたのは彼かも。
彼にテープを巻いている所をTim Groverに見られていたのだけれど、巻きやすいタイプの足首だったのでラッキーでした。

学びの部分でも、毎日新しい知識や技術を見たり練習したりしています。
Physical Therapistと、Massage Therapistがいるのですが、前者は理論ありき、後者は理論よりも自分の経験を重視するという異なったタイプ。
両方から違ったアプローチで学べるので、恵まれています。

膝の怪我に対するアプローチも、自分の痛めた膝のおかげ様で、身を持って経験する事ができました。
MCL損傷に対して、Q angleをチェックして怪我をしたときの捻じれた状態のままになっているかを確認し(自分の膝は、捻じれていました)それを筋肉のreleaseとactivationで負担をかけずに矯正する、というもの。

やはり、キーとなるのはどれだけanatomyを正確に把握、理解しているか。
この一年間は、ここに焦点を当てていこうと思います。

素晴らしい場所でインターンをさせてもらっています。
自分の力量からは“場違い“と言われても、その通りでしょう。
でも、ここは自分の最終目的地ではありません。
仕事が与えられる場違いな場所ほど、自分を成長させられるというのも事実。
昼ごはんを食べる時間もないけれど、そんなのは気にもなりません。

与えられたチャンスを最大限に活かしきる。
それだけです。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-06-15 02:46 | ATTACK ATHLETICS

Intern 初日

無事に、シカゴに着いて、インターンの初日を終えました。
今は、少しはなれたMotelで膝をアイシングをしながらの更新です。
海南戦の赤木ばりの気合でテーピングをした膝は、大切な初日、頑張ってくれました。


昨日、昼前に修理された車を受け取り、さよならアーカンソー。
あいにくの雨だったけれど、予定通り8時間運転して、予定していた街で一泊。
今朝、3時に起きて、残りの行程(予定2時間)を渋滞により4時間かけてシカゴに到着。

予定通りに道に迷いつつ、シカゴの先輩マサさんの助けにより無事にATTACK ATHLETICSに到着。

施設は、去年、依然使っていたジムから移動してきたらしく、今も工事中です。
4面のNBAサイズのコートに、コート1つ分の大きさのトレーニングルーム。
NBA選手をはじめとするクライアント以外にも、WNBAのChicago Skyが練習していました。

建物に入ってまず目に入ったのは、大きな大きなアジア人プレイヤー(中国)。
後に彼のトリートメントをする事になり、判明した身長は7”8(233cm)!!
その後に目にしたNBAでプレイするセンターが、ガードに見えました。

まずは主のTim Grover氏にあいさつ。
雰囲気のある人でしたが、自分と同じく左足をびっこ引いてたので、勝手に親近感をもちました。
彼は選手の指導からピックアップゲームのタイマー役、さらに最後の掃除まで自分で動いていました。
早く全体の流れを把握して、自分が手伝えるところを見つけていきます。


今日は、自分のボスとなるATの方が不在。
自分で適当にやってていいよ、と言われたので、人に挨拶したり、トレーニングを見学したり、マッサージセラピストに少々教わったりしてました。

が、上に書いた中国人プレイヤーの膝の評価とトリートメントを頼まれたのをきっかけに(足の大きさがハンパなかったです。でっかい木みたい)、NBA選手までみることに。

この日、ATは自分だけとはいえ、初日の自分に任せていいのか?と思いつつも、
NBA選手だろうと、今まで見てきた大学の選手だろうと大きな変わりはありません。
(初めてUofAの選手の体を触った時にその体付きに驚いたのと同じように、NBA選手の体は更に一回り大きくて驚きはしましたが)
いつも通りに、自分のできる事をやりました。
自分に勉強させてくれた、今まで関わったアスリート達に感謝です。

最後は、ピックアップゲームを見学し、初日終了。

帰りにマサさんの職場を案内してもらい、さらに夕食をご馳走になりました。
バスケットの話からシカゴの話、ATの話と、とても楽しくタメになるひと時。

日本の田舎出身、アメリカの田舎しか住んだ事のない自分には、マサさんからのアドバイスは命綱です。
現在、宿泊している部屋には車に積んだ荷物が全て運び込まれています。
(タカオ、せっかく積んでくれたのにスマン)
外から物が見えると、車を壊されて盗まれてしまう恐れがあるそうです。
Motelの入り口にも注意書きがありました。
おそるべし、シカゴ。


まずは、この街に慣れること。
仕事も、生活も。
そして、トラブルに巻き込まれないようにすること。


ああ、せっかくの記念すべき初日なのに、疲れのせいか文章がまとまりません。
おとなしく、プレイオフを観つつ、休憩します。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-06-11 12:34 | ATTACK ATHLETICS

出発前夜

となればいいのですが。

本来だったら、今日の夜は初仕事の後で、充実感やらなんやらに浸っている予定でした。
金曜にArkansasを去り、週末でシカゴを探索、そして月曜に初仕事。の予定でした。

が、まだArkansasにいて、2日前に痛めた膝の手入れに必死になっております。
「月曜の昼までに直す」と言ったディーラーの言葉を信じるしかありません。
(金曜に直してくれていたら、この膝を痛める事もなかったのに。。。と何度思ったことか)

明日、修理に出した車を受け取り、その足でDaveに挨拶をして家に戻り、荷物を積んで出発です。
約10時間。
先月行ったコロラドに比べれば、少しは近いです。

シカゴから2時間離れた場所を目的地にして一泊、翌日の早朝に出発して、予定時間の一時間前にATTACK ATHLETICSの建物に着く。という予定。
うまく行くでしょうか。

今日は、Arkansas最後の日、という事でお世話になっているChongがバーベキューパーティーを開いてくれました。
自分も、しょうが焼きと母親の手料理を真似した二品を料理。
招待した友達にもなかなか好評だったようで、よかったです。

Chongとは、バスケのトーナメントを通じて仲が深まったのだけれど、本当によく面倒をみてくれます。
年下だけれど、とても大人びていて、一緒にいてどっちが年上だか分からなくなります 笑

”Treat your friends like you want to be treated”
と、会話の中で彼は言ったけれど、うーん。
自分も、彼のように友達と接することができるようになろう。上辺でなく、心から。

本当に、自分は行く場所全てで、素敵な友人に恵まれてお世話になっています。

そういう事を考えたら、車の故障も、膝の故障もプラスマイナスゼロどころか、まだまだ十分プラスです。

さ、次の更新がシカゴからでありますように。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-06-09 13:49 | その他

あいさつ

アメリカに来て、4年目。(3年と数ヶ月ってこと)
University of Arkansasを卒業し、最初の目的であったATCになる事はできました。
次なる一歩は、目的ではなく、夢に向かって。

ATCとして初めてのインターンの場所は、シカゴにあるATTACK ATHLETICS

日本にいた大学生時代に読んだ、この施設の代表者の著書Jump Attackは、自分のバスケットボールを、トレーニングに対する意識を大きく変えました。

インターンの募集も、何のコネクションも無かったけれど、自分の思いをぶつけ+かなり粘って(嫌われるんじゃないか、ってくらい)、インターンのポジションをいただきました。

自分の愛するスポーツであるバスケ。
その神と呼ばれた選手を指導した人の元で学べるのは、自分には余りある贅沢。
目いっぱい学んでこようと思います。

3ヶ月のATTACK ATHLETICSでのインターンを終え、今はNew York Knicksでシーズンインターンとして働いています。

Knicksでのインターンのポジションをとるまでの約一年間の過程は、別のブログに記しました。
リンク欄の一番下にある、「追求夢想」というのがそれです。
興味がありましたら、どうぞ。

コメント、連絡(uk.23@hotmail.com)などは、気楽にどうぞ。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-06-07 13:12 | 挨拶