新しい役割

この一週間は、新しい役割が増えました。
Athletic Trainerとしてインターンをしているけれど、CSCSの資格を持っているという事で、クライアントのトレーニングを任せられるようになりました(プロ選手ではありません)。

Timに資格を所有している事を確認された翌日から、“彼にはspeedとagilityにフォーカスしたトレーニングを”と大まかな方向性を与えられ、後は任せてもらっています。
何の予告もなしに頼まれるし、実際にCSCSとしての役割を果たすのは始めてだけれど、自分が担当するクライアントは皆バスケットボールプレイヤー。
自分がずっとバスケットに活かす為のトレーニングを続けている事もあるし、今までシンポジウムや大学で学んできた経験が頭の中に溜まっているので、アイデアが尽きる事はなく、自分自身も楽しんで仕事ができてます。
自分がbetterなプレイヤーになりたい、と願って続けてきて得たアイデアを、自分より若くて素質のあるプレイヤーに還元できるのも、大きな喜びです。

最近、Timと Arkansasでお世話になったDaveに共通する点をよく感じます。
二人とも、いちいち優しかったりするわけではないし、それほど自分を気にかけている素振りは見せないのだけれど、実は凄く見ていてくれる。
先日、Timが自分のために、とある電話をかけてくれたのだけれど、その電話口で自分の事を説明する彼の言う事に、泣きそうになりました。
周りに分かるように振舞う事も一つのやり方だけれど、彼らのようなリーダーもまた、魅力的です。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-07-14 01:12 | ATTACK ATHLETICS

すきやきレベル

日本が恋しい、という事は以前にも書きましたが。
それを自分で再確認。

日本食が変えるスーパー(さすがシカゴ)で、納豆を買いました。
食べる前の、楽しみときたら、
例えるならば、日本に居た頃の、夕食がすきやきだと知った時。

アメリカでの納豆は、日本でのすきやきレベルです。


さて、下らない事だけではなんなので。
今週から、新しいNBA選手がリハビリにやってきました。
彼の怪我の瞬間は、テレビで見ていましたが、バスケット関係では自分が見た中でダントツで一番ひどいモノ。
まさか、その選手のリハビリを手伝えることになるとは思ってもみなかったです。

彼の復帰した姿をみるのが、今から楽しみ。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-07-11 08:44 | その他

思ったこと

謙虚な人=虚栄心が無い、というのは違うと思う。
自分の虚栄心に気づき、それをそっと覆い隠す。
その能力に長けている人だと思う。

本当に心が真っ直ぐな人、というのはいないと思う。
自分の歪みに気づく、その敏感さと、それを修正する事ができる人が、心が真っ直ぐ「なように」、生きていけるんじゃないか、と思う。

だから、謙虚でありたい、真っ直ぐでありたい(その言葉の選択は様々だろうけれど)と思う気持ちから始まるのだと思う。

あくまで、謙虚である事、真っ直ぐである事、が徳であるという観点からだけれど。
ちょっとした会話がきっかけで、ふと思いました。

食べていたベーグルに付いていた胡麻が、キーボードの「。」もしくは「.」のキーの隙間に挟まってしまい、非常に不都合であります。
一粒の胡麻、あなどれません。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-07-07 02:26 | 思う事

明日はJuly 4th。
アメリカの独立記念日です。

去年はアーカンソーで、ルームメイトのDustan夫妻とタカオと4人で、家の駐車場に止めたトラックの上で花火をみてたっけ。
今は、Dustan夫妻は Dallasで、タカオは新しいルームメイトと最後の一年を、そして自分はシカゴ。
時間が発つのは、早いです。

今、インターンをしているATTACK ATHLETICSには4面のフルコートバスケットボールコートが備えられています。
そしてそれに隣接するトレーニングルーム。
ウエイトトレーニングからバスケット専門のトレーニングまで非常にスムースに行えます。
ここの主でもあるTim Groverの著書"Jump Attack”にも書いてあったけれど、ウエイトトレーニングの直後にSports Specificなドリルを組み合わせると、いいらしい。
自分の感覚でも、そう思います。


贅沢なことに、仕事の前後はこの最先端の施設を自由に使わせてもらっています。

誰もいないバスケットコートは、自分の原点。
響き渡るドリブルの音、弾かれたネットの音、シュートを外した時のリングの音。
出る事の無かった試合の後に体育館に戻り、悔し涙を流しながら一人で練習した記憶。
高校時代の悔しい思いは、何年も経った今でも色褪せない。
静かなバスケットコートは思い出させます。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-07-04 11:20

夢と欲

夢(寝るときみる方じゃなく)と欲。
夢が現実味を帯びてきたとき、更にそのもう一歩を踏み出せる気がしてしまうのは、欲というものか。
前にも書いたけれど、状況に舞い上がってしまっていては正しい判断はできない。
でも、勢いや流れが来ている時に、それに乗る、というのも大切だと思う。
これまた前に書いたけれど、慎重さと大胆さのバランスなんだろうけど、難しいもんです。


無給のインターンの予定で、実際そうだったのだけれど、少しだけお金がもらえる事になりました。
大した額ではないにせよ、ようやく、自分の力で自分の専門とする分野でお金が稼げるようになりました。ちょっと感動している自分です。
指紋照合のセキュリティープログラムにも自分の指紋を入れてもらったりと、スタッフの一員として、認められてきた気がします。


膝の具合は、これ以上ない環境のもと、順調にリハビリが進んでいます。
腫れも痛みもほぼ退いて、
50%くらいで走れるようになってきたし、セットシュートなら両足で打てる。
Range of motion →Endurance →Strength →Proprioception →Functional exerciseと進んで行くのが定石だけれど、ROMが戻った今、強度と量のさじ加減をしながら全部を組み合わせています。
ATCになった直後、このリハビリによる機能回復の感動を自分自身が味わえた事は、大きな財産です。
もう二度とごめんだけど。


施設のワイヤレスを使わせてもらえる事になったので、ATTACK ATHLETICSから初の更新。
アイシングしている氷を外して、帰途につくとします。
[PR]
# by u2k_maru | 2008-07-03 09:32 | その他