「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:その他( 54 )

お勉強

今日は、図書館が休館日だったので、おしゃれにスターバックスで勉強です。
シカゴにいた時は、Panera Bread という飲みものお代わり自由で、しかも雰囲気のいいカフェがあったのでよく通っていましたが、いま住んでいる近くにはそういう場所がありません。

スターバックスで勉強するのは初めてですが、もともと人の少ない街でお店も込んでいないので、悪くないです。店の中がコーヒーの匂いがいいですし。

そもそも、外で勉強するのは、まだ自分の部屋に机が無いからです。
アーカンソー時代から使っている椅子を机代わりに、自分は床に座って勉強する事もありますが、やはり長く勉強するには向いていません。

最近の勉強は、もっぱらGREのためです。
専門の勉強に時間を割きたいのだけれど、テストを受けるまであと一ヶ月なので、これから一ヶ月間はGREに集中します。
一年以上前に一度受けていて、英語と数学からなる総合点ではラインを超えているのだけれど、ライティングのパートの得点が不安なので再受験します。
いまはひたすら、ライティングの勉強。
これがなかなか楽しいし、自分のためになっています
アメリカで生活をして3年以上経ち、コミュニケーションにはそれほど困らなくなり、大学院にいたときにもそれなりに書く課題をこなしてきたのですが、自分の意見を英語で表現、主張するという点に関しては、かなり頭打ちになっていたのを感じていました。
そういう意識の元でライティングの勉強をするのは楽しいです。
そして、このライティングに集中する時間は、このGREが必要とされる先に自分がたどり着いた時に、大いに役立つはずです。

また今後の話は、自分の準備が整うにつれて報告をしていこうと思いますが、大きな方向としては、アメリカに残ることを狙います。

これだけホームシックになっているのに、アメリカに残りたい、と思うのは色々な理由があります。
もちろん、第一は、自分の描くプランを実現させるためです。
その他の理由を色々と考えますが、やはり自分はアメリカに魅せられている部分があるんでしょう。

嬉しいニュースがありました。
ATTACK ATHLETICSで最も真摯にトレーニングに打ち込んでNBA復帰を狙っていた選手(二年前にJazzでプレーしていたけれど、解雇になって去年はヨーロッパでプレー)が、見事にBullsと契約をしました。
Knicksにも彼と似たような境遇の選手がいますが、やはり彼らの必死さ、真摯な姿勢というのは、才能に溢れてスタメンが確定されている選手のパフォーマンス以上に、魅力的です。

さて、勉強にもどりましょうか。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-29 07:19 | その他

日曜日

日曜日でした。

まずは洗濯物。
コインランドリーを探して少し走ると発見。
シカゴで使っていたコインランドリーより、かなり高くてびっくり。
一番小さな洗濯機で、一回2ドル。

自分は柔軟材を入れる所に洗剤を入れてしまったため、
洗濯が終了した時には、洗濯機の中はすさまじい量の泡で、中が何も見えませんでした。
周りの冷ややかな視線に負けずに、隣の洗濯機に入れなおし、洗剤なしでもう一回。
いらない出費をしてしまいました。

ただ、2回目の洗濯が終わるのを待っているときに、とても微笑ましい4兄姉弟(?)に会いました。
優しい長男、世話付きの長女、無関心な次男、わがまま三男。
これだけで、2ドルの価値はありました。

洗濯物を終えた後は、食料品を調達。
朝と昼は、職場で食べる事ができるので、食費は大分浮きそうです。

日曜日は図書館が閉まってしまうので、家でお勉強。
インターンが終わった後のことも、しっかりと考えなければなりません。
NBAで働く事は夢であり、学生時代の目標でもありましたが、自分のキャリア、人生のゴールではありませんから。

勉強がひと段落した後は、暗くなる前に、バスケットボールを持って走りにでました。
家からすぐの場所に、車の来ないいい坂道がみつかったので、週末はここで練習することになりそうです。
怪我した左膝の影響は、しばらく、もしかするとずっと続くかもしれませんが、ここは自分の専門とするところ。
それを最小限に留めるようにします。
とりあえずは、坂道でフットワークとドリブルの練習。
いつになっても、どこにいってもやる事は一緒です。上手くなりたい気持ちが変わらない限り。

帰り道に、がさっと音がして目の前に現れたのは。

野犬!!

と思いきや、鹿でした。

帰宅後はシャワーを浴びて、髪も短く刈りました。
ニューヨークにきて、初の散発です。どうでもいいですが。

さっき、ヘッドトレーナーから電話がありました。
元気かー、明日から頑張ろうなー、みたいな軽い会話でしたが、こうやって気にかけてくれるのは、とても嬉しいことです。

新しい週への準備はできました。
明日は、初の自転車出勤です。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-22 13:18 | その他

新しい相棒と街探索

今週末は、休日です。
まだチーム練習が始まっていないので、スローなのです。

というわけで、今日は先日買った自転車のデビューとあいなりました。
b0143079_836431.jpg

K-martの最安モデル。
それでも99ドル。でも5段階のギア付きなのです。
これによって軽減されるガス代と、ダウンタウンに行ったときの駐車場探しが避けられる等のメリットを考慮して、購入決定。
職場も、自転車で行ける距離ですから。

購入したはいいけれども、思いのほか大きくて車に詰め込むのに相当な時間がかかりました。
駐車場で奮闘している自分を見て声をかけて来てくれた黒人のニイちゃん。
「おお、ニューヨークとはいえ郊外。親切な人がいるもんだ」
と思えば、
「いくら出す?」
でした。
お金を払ってまで手伝いは乞いませぬ。

無事に家に運んだ後も、一緒に買った、これまた最安の空気入れが全く機能しないなど、いろいろ大変だったけれど、無事にデビューを飾りました。

まずは平地。
なかなか順調な走りをみせます。

続いて下り坂。
問題なし。ただ、ブレーキ時にけっこう音が鳴ります。

そして上り坂。
問題アリ。
そうとう、苦しいです。
頑張って漕ぐと、勝手にギアが変わってしまいます。
変わったハンドルの形が、上り坂には非常に不都合だと判明。

この街はけっこう上り下りが激しく、職場まではずっとゆるい上り坂が続きます。
いい運動になりそう。

というワケで、新しい相棒と共に、街を探索してきました。

まずは、出発前に家の写真を。
b0143079_8442459.jpg

豪邸に住んでおります。
というのは冗談で、これは途中でみつけた大きな家。
b0143079_8455065.jpg

こちらが、住んでいる家です。
インターンの身分には、十分すぎる環境です。

この街は、ニュージャージーとニューヨークを隔てる大きな川沿いにあります。
b0143079_847935.jpg

ちょっとだけ川がみえます。

とりあえずは、図書館に行って勉強してきました。
b0143079_8485026.jpg

小さな街に似合った、小さな図書館だけど静かだし、いい場所。
これから結構な時間をここで過ごす事になりそうです。

図書館が閉館した後は、川沿いまで行ってきました。
b0143079_8492724.jpg

この橋をわたって、先週ニューヨーク入りをしました。
片道だけで5ドル近く。高いです。
b0143079_8502023.jpg

川に浮かんだボートの上でパーティーが行われていました。
皆、歌って踊って楽しそうでした。

とまあ、こんな感じの街でした。

自分が生まれる前から存在したこの街。
自分がまだ日本にいた頃も、
ミネソタにいた頃も、
アーカンソーにいた頃も、
そして1週間前にシカゴからやってくる前にも、ずっとこの街はここにあって、
ここで生活をしている人達はずっとここにいた。

嬉しい偶然で半年強、住む事になったこの街で、どんな思い出ができるでしょうか。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-21 08:51 | その他

自分の部屋より

無事に、家なき子を卒業しました。
自分の部屋からの更新です。

一軒家の一部屋で、キッチンやバスルームをシェアします。
ハウスメイト達は、総勢6人になる予定。(まだ3人到着していない)。
アメリカ人、中国人夫妻、ペルー人、キューバ人、ドイツ人、そして日本男児の自分。
ひじょーに国際色豊かでございます。
ペルー人とキューバ人は夫妻で、彼らが家の主で、まだ、ドイツ人と中国人夫妻が到着していないけれど、家はもの凄く綺麗に管理されてます。
綺麗過ぎて、てきとーに物を置けません、キッチンとか洗面所に。
自分のスペースをちゃんと貰わないと。

職場からも近く(自転車を買って、それで通勤する予定)、家賃もハウスメイトが多い代わりに、この付近で見つけた中では最安の部類。
立地も安全そうだし、裏は山で、鳥の鳴き声が朝晩は聞こえてきます。
まだまだ言い切るには早いけれど、いい場所が見つかったんじゃないでしょうか。

今日は、街の探索と生活用品を整えにいきました。
この街に滞在するのは半年くらいなので、物を増やすと自分の車だけでの引越しがキツクなるし、給料がもらえるとはいえ、インターンの身分だから節約もしないと。
とりあえず、寝袋とちっちゃな棚(机代わり)、それに細かなものをそろえました。

新しい土地に移って生活環境を整えるとき、見つけて一番嬉しい店って、1ドル均一の店。
心が躍りました。
隣接している大型スーパーKmartで全部そろえなくてよかったよかった。
(近くにWalmartがありません)
選択物を入れるカゴとか、当然質に差はあるけどKmartで3ドルするのが、1/3だもの。
品質にこだわる必要のない物に関しては、無敵です。1ドル均一。

調理用品も、調味料などをそろえて、とりあえずは自炊生活を始められそう。
日本米が売ってなかったので、それっぽいのを買っておきました。
シカゴで買っていけばよかったな。日本米。

新しく生活の基盤を整えると、細かなものが重なって、結構な出費。
自転車の購入を考えていたけれど、もう少し調べて安いところを探してみようと思います。

明日は、ようやくニックスのHead TrainerとTeam Physicianとご対面です。
買いたてのアイロンでシャツの皺をとらないと。
アイロンは、先輩の経験を参考にして、最安のは避けました。
もともとアイロンかけが下手なのに、皺の取れないアイロンを使ったらえらい事になっちゃいますから。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-17 08:47 | その他

心之谷

ホテル生活にうんざりした後の、3日間はQueensというNew York Cityに近いところに住む、フィオナの友達夫妻の家にお世話になっていました。

一つ年上の旦那さんは’Fiona is like her (彼の奥さん) sister, and you are Fiona’s boyfriend. We take care of you as our family”と言ってくれ、本当によく面倒をみてくれました。
帰り際にも、"come back here any time. this is your home"と言ってくれたし、食事の前の祈り(彼らはクリスチャン)でも、自分の事を祈ってくれました。
つくづく、自分は人に恵まれています。

この二人は、アメリカと台湾で遠距離の関係を乗り越えて家庭を築いた二人。
素直に、いいなぁ、と思える家庭でした。

彼らには一歳半の息子さんがいて、なかなか人見知りする子だったけれど、一緒に公園で遊んだり、ジブリ映画をみたり(魔女の宅急便とか、耳を澄ませば、とか。何年ぶりだろう)、ニューヨークにきて、ホッとできたのは精神的に楽になりました。
住むところも、予想通りとはいえ、そうそうスムースに事は運ばないし、ちょっと疲れていたようです。

タフにならねば、と思っていても、疲れるものは疲れてしまう。
きっと、これを乗り越えたら、前よりも少しだけ強くなれるんでしょうか。
経験を積めば積むだけ、強くなれると思っていたけれど、
気が付くのは自分の弱さや脆さ。
それに気づいて認められるようになったのが成長なのかも、しれません。


泊めてもらった最初の夜は、マンハッタンに連れて行ってもらいました。
シカゴを経てきたとはいえ、さすがのスケール。
人ごみやネオンは、東京を思い出させました。
そして、マンハッタンでは絶対に運転をしまい、と決意。

また新しく、恩返しをしたい、と思える人達に出会えたのは大きな財産です。

タイトルは、自分の好きなジブリ映画「耳をすませば」の中国語バージョンのタイトルです。
正規のDVDだから、このタイトルで通っているんでしょう。
本来のタイトルと違うけれど、負けず劣らずの、いい訳だと思いました。

全てが上手く運べば、次の更新は、自分の部屋からとなる予定です。
前回の日記を読んで心配してくれてコメント、電話をくれた皆さま、ありがとうございました。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-16 05:20 | その他

家なき子

ニューヨークに到着して2日。
少しずつ、街や道路が把握できてきました。

まだ働きはじめるまで時間があるので、最優先事項は、住む場所を決める事。
郊外と言えど、ニューヨーク。
そして郊外と言えど物価が高いと言われるこの地域で、一人でアパートを借りようすると1000ドルを超えます。
到底不可能なので、ルームシェア。

とはいえ、知り合いは一人もいない街。
ルームメイトを募集している情報をネットで集めて、条件に合う募集に連絡を取り、見に行く。という流れです。
リスクは当然ありますが、それを見極めるのも生活の力というもの。

とりあえず今日は、二件を見てきました。
最初の一件目で、かなり当たりが来たようなので大分気が楽になりました。

家が決まるまでは、ホテル/モーテル暮らし。
車に大量の荷物を積んでいるから、安くても危ない所には泊められないし、
部屋や街の情報収集の為に、インターネットが使えないと困る。
という事で、少々値がはる所に滞在せざるを得ません。
Pricelineという、先輩に教わったサイト(部屋の競売みたいな感じ)を使って、いい場所に本来の半額以下で泊まっているけれど、それでも元が高いのです。

という訳で、今日は夕飯抜き。
止まった周辺には、食べる所はなさそうだし、ホテルに入っているレストランは高め。
お腹がすいております。

体が鈍ってはいかんと、YoutubeでCP3やD-wadeの動画を見ながら、部屋で軽いトレーニングをしたのだけれど、それが空腹に拍車をかけています。
ああ、早くバスケがしたいな。ニューヨークでのバスケデビューはいつでしょうか。

腹が減っては戦が出来ぬ、とは言うけれど、
ハングリー精神は、満たされている環境だと鈍ってしまう気もします。
まぁ、状況ゆえとはいえ、いい部屋に泊まっている罪悪感を和らげているわけです。

この街に留まるのは、来年の5月まで。
この街での生活は、複数の意味で、「最後の」という詞がつきます。
それは、自分で選択してそうするモノや、自分には選択の余地がないモノもあります。
それらを悔いない形で終わらせる事ができるようにしたいものです。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-13 11:57 | その他

報告

恋が実りました。
ようやく、責任をもって報告する事ができます。

来週の頭にシカゴを離れます。
向かう先は、ニューヨークです。

話を詰めてきていた、New York Knicksでのインターンのポジションが正式に認められました。
インターンの期間は、トレーニングキャンプが始まる10月から、シーズンが終わるまで。
大きな額ではないけれど、お給料も戴けるので、車を売らずには済みそうです。

今のインターン先でお世話になっているPhysical Therapistからも仕事の話は戴いていたし、条件もよく、OPTが切れた後の先のビザのサポートを考えると、こちらの方が現実的ではありました。クライアントにはNBAやNFLの選手が含まれるので、スポーツに関わることもできる。ですが、一シーズン限りになるであろうともNBAでのインターンに決めました。

それは、話を断る時に言った、
“Simply, it has been my dream”
に他なりません。
夢の舞台へ。

もちろん、自分が追い求めていたモノに辿り着いた嬉しさはあります。
でも、それ以上に自分が嬉しかったのは、家族や応援してくれていた友達、お世話になったアーカンソーのヘッドトレーナー、そして大切な人に、良い報告ができた事。
改めて気づく、自分のモチベーションの源です。

場所は大きくなれど、自分はまだまだ小物。
今回のインターンだって、ATとしての能力が買われたわけではありませんし。
そこを勘違いする事なく、今持てる力を出し、学び、チームに貢献したいと思います。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-05 08:05 | その他

考えるこのごろ

今週末は、college skills campという、大学生プレイヤー対象のトレーニングキャンプがATTACK ATHLETICSで開催され(てい)るので、お休みなし。
仕事に行く前に、一息ついておこう、とインターネットの使えるコーヒー屋に寄りました。
好きな事をやっていても、一週間の洗濯物や買い物をする週末は、やっぱりほしいかな。

最近、OPTの残された時間の使い道をよく考えます。
一番、堅実で将来性のある道か。
結局選ぶであろう(選ぶ権利がもらえれば)、自分の思い描いていた夢か。
ATTACK ATHLETICSでのインターンは8月いっぱいと決めてあるので、決断をする日は刻々と近づいています。

そして、OPTの後の事。
アメリカに残るのか、そしてどうやって。
日本に帰るのか、何をするために。
それともまた別のどこかに行くのか。

自分が、真剣に将来設計を考えるのは、不思議であり他人事のような気がするけれど、
それでも自分なりに一生懸命に考えます。
どんなに考えたとしても、選べる道は一つで、それは何も考えなく直感で選んだ道と同じになるかもしれない。
けれど、この考える時間が大切な気がしています。
[PR]
by u2k_maru | 2008-08-09 22:34 | その他

不覚

ちょっと眩しいけれど、運転中のサングラスをはずして、自然の色を楽しみたくなる。
そんな天気のよい週末。

自分がトレーナーとして使っている道具を紹介していくというシリーズの第一回です。

b0143079_8491166.jpg


どこのトレーニングルームでみる、大きな柄つきサランラップのようなこの道具。
ような、というか、そのままなのですが。
主に、アイスバッグを体に固定するのに巻きます。
回転する青い柄の部分と、ラップの部分に分かれていて、ラップが無くなったら、柄から取り外して新しいラップに取り替えます。
たまに柄とラップがキツくなっていて、取り外すのに二人がかりで引っ張ったりする時もあります。

先日、このラップを取り替えようとしていた時の事。
なかなかキツく、人に頼む前に自分で頑張っていましたが外れず。
こんにゃろう、と思い、身を屈めて力いっぱい引っ張ると、”ポンッ” という音と共に、“ドスッ”という鈍い音、そして思わず”うっ”とうずくまる程の腹部への息が止まるような痛み。

自分の体に向け全力で引っ張ったものだから、ラップが抜けた瞬間にその引っ張る力のままに自分のみぞおちを自分の拳でど突いてしまったのです。

あまりに間抜けなシーンだけれど、まわりに誰もいなかったから良し(すんごい痛かったけど)、と思いフー、と一息吐いたら、一人の選手がしっかり見ていて大笑いされました。

そんな事をしながらも、毎日楽しく学びながら働いています。

ちなみに、このシリーズは一回完結です。たぶん。
[PR]
by u2k_maru | 2008-08-03 08:50 | その他

すきやきレベル

日本が恋しい、という事は以前にも書きましたが。
それを自分で再確認。

日本食が変えるスーパー(さすがシカゴ)で、納豆を買いました。
食べる前の、楽しみときたら、
例えるならば、日本に居た頃の、夕食がすきやきだと知った時。

アメリカでの納豆は、日本でのすきやきレベルです。


さて、下らない事だけではなんなので。
今週から、新しいNBA選手がリハビリにやってきました。
彼の怪我の瞬間は、テレビで見ていましたが、バスケット関係では自分が見た中でダントツで一番ひどいモノ。
まさか、その選手のリハビリを手伝えることになるとは思ってもみなかったです。

彼の復帰した姿をみるのが、今から楽しみ。
[PR]
by u2k_maru | 2008-07-11 08:44 | その他