カテゴリ:その他( 54 )

Star

"So, I will be your family in NY. Let me know if you need any help"

今季21ミリオンという、リーグでもトップクラスの年俸をもらっていながら、コーチや首脳陣との確執でプレーをしていなかったStephon Marburyが、終にBuyout(契約買取)という形でチームを去りました。

メディアを通して見聞きする彼の情報は、99%がネガティブなものです。
そうなってしまった根源は彼自身にあるのかもしれませんが、自分は直接見聞きしたものでは無い限り、鵜呑みに信じることをしませんし、自分個人の感情がそれに左右されないようにしています。

ほんの数ヶ月でしたが、とても気にかけてもらっていました。
最初に会ったのは、彼の個人ワークアウト。
彼のシューティングドリルを手伝いましたが、彼が何度も"How do I look??"と聞いてきたのを覚えています。
ちなみに、彼は今シーズンに向けて、キャリアで初めて200lbを切るまで体を絞ってきました。
チームに合流するまでにコンディションを整えきれていない選手がいるなかで、"I did what coaches told me"と、彼は見事なまでにプロとしてのオフシーズンを過ごしてきたのが分かります。
練習前のウォームアップに行う細かなドリルも、若手の選手が喋りながら軽視して取り組むなか、彼は黙々と、丁寧にこなしていました。
メディアはこういう事は報じません。彼らにとっては面白みがないですから。

他にも、母校であるニューヨークの高校の近くの床屋に、まとまったお金を払ったというエピソードもあります。生徒の髪をタダで切ってやってくれ、と。



年俸は伊達ではなく、リーグ屈指のタレントを備えていることに異議を唱える人はいません。
彼を批判するニューヨークの新聞ですら、それは認めるところ。
クロスオーバーから、ボールを抱きかかえるようにしてゴールに切り込み、レイアップでフィニッシュに持っていき、体の強さとボディバランスでカウントを奪います。
プレシーズンのゲームでしか直接見ることは出来ませんでしたが、圧巻でした。

自分の思い出の為に、というのもありますがネガティブな情報しかメディアが提供しないことが寂しいというか、悔しい気持ちにさせるので(自分が知っているのもまた、彼の一面に過ぎない事は承知です)、記録に残しました。

最初の一文は、彼と話していて"家族はどこだ?"と聞かれ、皆日本だと答えるた時の事。
彼はそう言って連絡先をくれました。
[PR]
by u2k_maru | 2009-02-27 14:43 | その他

Bro...

先日受けたTOEFL。
その前日は家主Dの誕生日だったらしく、仕事を終えて家に戻るとパーティーやってました。
酔っ払ったメキシカンなおっちゃんに、やたら握手を求められました。
”明日の朝早いのに、まいったな”と頭で考えながら笑顔で応対しつつ、Happy Birthdayを伝えて、そそそと部屋に退散。

毎回の事ながら大音量の音楽と、天井から響く足音。
母さんが、救援物資(食べ物とか)と一緒に入れてくれた耳栓の出番かとも思ったけれど、目覚ましを聞き逃してしまうおそれもあるので、できるところまで耳栓抜きで頑張ってみようと決めました。
が、頑張ろうと気合が入ってしまった為になかなか寝付けず。

通常ならば夜通しで行われるパーティーですが、今回は12時を回る前に解散の雰囲気。
”おお、助かった”
と思いましたが。

ゲスト達が帰った瞬間に、Dが怒りだした模様。
”They didn't eat my birthday cake at all!! Fxxk!!”

え?そこ怒るところ?
と思いながら眠気を待っていましたが、どんどん加熱するD。
なにやらパーティーの前に奥さんと一悶着あった模様。
その愚痴を、滞在中の従兄弟Aにわめき散らかします。

”This is my birthday, Bro!!”
100回くらい叫んでた気がします。

”もう夜中だよ、Bro”って頭の中で返事をしてしまう自分。
寝れるわけがありません。

ミシガンでは、今の家賃を払えば、立派なアパートに住む事ができます。
待ち遠しいな、って思いました。
[PR]
by u2k_maru | 2009-02-17 12:27 | その他

後半戦

休暇から帰ってくるRogerを空港に迎えに行ってきました。
結構な遅い時間ですが、感謝しきれないほどにお世話になっているので、自分から申し出て迎えに行きました。
こういう風に考えられる環境で働いているのは幸せです。

オールスターも終わり、後半戦の始まりです。
一般的にオールスター後が後半戦と言われますが、全82試合のうち52試合をすでに消化しているので、残りは30試合。
Nightmare weekでの3連敗の後のWest coastロード三連戦も全て落としてしまい(内2つは、あまりにもったいない敗戦)、6連敗の結果、借金を10まで増やしてしまいました。
後半戦の巻き返しに期待ですが、後半戦最初の相手はSpurs。手ごわいです。

Spursには、シカゴでお世話になったFinleyがいるので楽しみです。
彼は、8月の終わりに観光に来た兄が施設を見学した時に、彼の方から兄に歩み寄って挨拶をしてくれました。
ベテランとしてチームに貢献していることが納得できる、とても丁寧で慎重なコンディショニングをしてました。
今シーズンも、堅い働きをしているようです。


自分も、進路関係がようやく安定したので、これからは自分の興味のある勉強に時間を費やしていきます。
気合を入れすぎて息切れしないように、英語の勉強、中国語の勉強、読書などにも時間を割いていきたいなって思います。
[PR]
by u2k_maru | 2009-02-16 15:25 | その他

進路

ミシガンから帰ってきました。

ミシガン行きの目的は、Michigan State University (MSU)でのインタビューでした。
シカゴでインターンをしていた夏から準備を始め、出願、GRE、電話インタビューなどの段階を経て、ようやく現地でのインタビューとなりました。
久しぶりにスーツを来ました。
2年前の前回の帰国の時に、祖父が作ってくれたスーツです。

前夜は、久しぶりに緊張している自分を味わい、当日は朝から夕方までプログラムディレクターや、ヘッドアスレティックトレーナーをはじめとする人たちに会い続けたので、相当に疲れました。
終わったときには頭痛がしましたから。

ですが、全ての予定を終了した時に、
"We want you to come"
と言ってもらえたので、全てが報われました。

Michigan State Universityにて、Teaching Assistant, Research Assistant,そしてAT graduate assistantとして働きつつ、Kinesiology (Athletic Training)でPh.Dを目指すことが決まりました。

自分としては一番の選択肢だと信じています。
MSUは、自分が一番興味のあるManural Medicineに秀でた学校です。
(アシスタントATとインタビューをしていた際、自分の興味のあるTransverse abdominisの話になり、自分の知らなかったactivatioin exerciseを教えてくれました)
そのMSUで、Manual Medicineを学びながら自分の専門であるAthletic Trainingで最高学位を目指せるのは幸せなことだと思います。

働きながらの勉学となるので、授業料免除+Stipendと呼ばれる給料も発生します。
かなりよい条件ですので、生活をするには十分です。

正式にI-20が送られてくるまで安心はできませんが、とりあえず自分ができる事はやりました。
ちょっとした燃えつき感すら感じてしまっています。よくないです。

学校選びからインタビュー時のアドバイスまで幅広くサポートしてくださった、シカゴのまささん。
Referenceとなってくれて、自分の事をとてもよく話してくれた、ヘッドATのRoger (インタビューの前日には、"Be blessed!"とメッセージを送ってくれました)。
"Our home is your home"と言って、快く前後日泊めてくれて、空港までの送り迎えをしてくれたChris。
そしていうまでも無く、家族とFiona。
書ききれません。
自分が一番行きたかった学校へ行ける事と同じくらい、お世話になった人達に良い報告ができた事が嬉しいです。

Assistant shipの内容といい、Ph.Dの学術レベルといい、今までの自分の人生の中で、一番厳しい4年間になると思います。
それだけに、それを乗り越えれば大きく成長できるはずですし、それが自分の望むところ。
Ph.Dを目指す、というと、教授になりたいの?と聞かれますが、それはちょっと違います。
勿論、将来的に教える事ができるというのは大きな魅力ですが。

Knicksでのインターンを全力ですると同時に、入学までに自分のレベルをできるだけ上げておくことが必須。
さもなければ、えらい事になるのが目に見えてます。
いいモチベーションになります。
[PR]
by u2k_maru | 2009-02-11 11:43 | その他

Seize the Future

今のインターンの後の進路を決めるべく、今朝のフライトでミシガンに来ました。
明日が本番、インタビューを受けてきます。

久しぶりに味わうタイプの緊張を感じてます。
過大評価されるのは大嫌いなのですが、過小評価されては勝てるものにも負けてしまいます。
等身大の自分を、しっかり表現しようと思います。
[PR]
by u2k_maru | 2009-02-09 14:03 | その他

プレゼンテーション

自分を成長させようとしてくれるDaveの提案で決まった、メディカルスタッフ相手のプレゼンテーション。
3週間弱の準備期間が与えられ、昨日が当日でした。

トピックは”Muscle imbalance around pelvic girdle”。
プレゼンテーションが決まる前から、自分で地道に勉強をしていたので、3週間分以上の内容にはなったと思います。

今回のプレゼンテーションをする相手が相手なものだから、内容は基本的な事よりも、リサーチからの情報を中心にして、彼らに何かしらの新発見をしてもらおうと試みました。

Lower crossed syndromeの話からはじめ、Strengthのimbalanceよりも、Firing patternのimbalanceに重点をおいて、自分がもともと興味のあるPelvic chain muscleのactivationの話を加えつつ、CNSとmuscle imbalanceの繋がりも紹介しました。
(横文字を加えると立派に聞こえますが、騙されてはいけませんよ)

準備の期間も、楽しかったです。
いい文献を発見したときは興奮します。
(まささん、文献の提供ありがとうございました)

一時間弱のプレゼンで、後半は舌が疲れてしまいましたが、自分の現時点の力は出したように思います。
"~は知らなかった"”そういう観点もあるのか”という反応が幾つかもらえたので、目的はいくらか達成できたようです。
それでも、英語の部分にしても、プレゼンの内容、技術にしても、まだまだです。
そして、自分が紹介したリサーチだって、100%理解しているとは言い切れません。

自分のプレゼンの次は、Daveが足首のリハビリについてのプレゼンをしました。
サッカーに疎い自分でも知っているEnglandのチェルシーのメディカルスタッフのトップを勤め、カンファレンスでのプレゼンの経験も豊富な彼との力量の差は当然なのですが、やっぱり悔しかったです。
それでも、"まずはこのレベルまで達するぞ"という目的が持てたのは良い事です。
彼のレベルに達するまでは、幾つもの短期的な目的を達する必要がありますが。

Daveのプレゼンの最中に、うちのHead Strength coachのGregが幾つか質問をしました。
前々から気づいていましたが、Gregは、物凄く頭が切れます。
Knicksで20年近いキャリアがありますが、彼のプログラムは経験だけでなく、万全な理論に基づいています。
DaveとGregのやり取りには、入りいる隙がありませんでした。
知らない用語を使ったりしているワケではありません。
Basic Scienceの重要さは分かっているつもりですが、本当の理解というのは、議論ができるレベルに達することだと痛感。
NBA選手同士の1オン1を見るよりも、自分と彼らとのの差を感じました。

企画としての評判がよかったので、定期的に行うことになりました。
プレゼンをする側の自分としても良い経験になるし、普通だったらお金を払ってでも聞きにいく人たちのプレゼンを定期的に聞けるのは、恵まれていることです。

お開きになった後、GMの部屋に呼ばれました。
自分のプレゼンを、ヘッドトレーナーのRogerが彼に報告してくれていました。
とても温かい言葉を頂いて、自分の今後のプランについても色々と聞いてくれて、何でも相談にのるからいつでも部屋に来なさいとまで言ってくれました。
素晴らしい人たちに囲まれています。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

先日のKobeの62点に引き続き、今日はLeBronのトリプルダブル。
52得点11アシスト10リバウンドだったでしょうか。
怪物くんです。
それでも、試合は終始競った展開に持ち込みました。
内容は、確実に改善されてきています。
2連敗とはいえ、過去の2連敗とは違うのです。


ちなみに自分は、現在10連敗中。
これは次のエントリーで書きます。
[PR]
by u2k_maru | 2009-02-05 15:18 | その他

ひゃー

最近、家主のDaveは新しい笑い方に目覚めたようです。
もともと、物凄く声が大きくて(この前は、怒鳴ってるかと思ったら奥さんと普通に会話してた)、笑い方も素晴らしく豪快なのですが、最近は今までの笑いが出る前に、ヒィーだかヒャーだかアーだか区別のつかないかん高い声(?)を数秒発してから、笑い出します。

Hya-----AHAHAHAHA てな感じです。

自分は地下室に住んでいて、真上がリビングルーム。
Daveのいとこがここ数ヶ月滞在している事もあり、彼らは結構遅くまでリビングで談笑しています。
共同生活をしている以上、生活時間のズレは仕方がないですし、彼らの声は結構響きますが、まぁ慣れました。
笑うのはいいことですしね。

大事なテストの前夜のことです。
彼は何かがツボだったらしく、一晩中Hya-が響きつづけました。
耳栓を貫いて響いてくるその声には、イライラするどころか、笑えてきました。
が、リビングルームの真上に住んでいるドイツ人女性(なんかいつも怒ってる+家主の奥さんと仲悪し)は、ブチ切れました。Fワードが地下室まで響き渡り、その後静まったので自分は眠りにつきました。
が、またHya-で目が覚めました。Cannot helpって感じなんでしょうね。
彼女は近々、引っ越すそうです。
(この女性は、毎朝、洗面所を30分以上使うので、ちょっと助かります)

Daveと奥さんは、たまーにパーティーを開きます。
地下室の真上で踊られると、天井が突き抜けてこないか軽く心配になります。
まぁ、そんなことはありえませんが。

この前は、夜通しで天井からのメキシカンな音楽+ステップが響き続けたので、さすがに参ってきましたが、
ふと気づくと、外は雨。

この雨の中、濡れずにベッドの中にいることができる、ということに感謝しよう。
そう思ったら、大して気にならなくなりました。

Goodでないことは、けっこー沢山ありますが、大抵のことはNot too badです。
[PR]
by u2k_maru | 2009-01-25 07:11 | その他

Inauguration

今日は、Presidental Inauguration, 新大統領の就任式でした。
日本でも大きなニュースになっていると思います。

44代目にして、初のAfrican American大統領。
ニックスはプレイヤーの大多数が黒人プレイヤーであることもあり、選挙前からObama氏のTシャツを着ていたり、投票日に投票に行かなかったと口を滑らせた若手が、かなり本気で叱られていたりもしました。

今日は、新大統領の演説に間に合うように練習は打ち切られ、自分も選手達と一緒にロッカールームで演説の中継を見ました。
Obama氏の自信に溢れた演説もそうですが、それ以上に心に焼きついたのは、聴衆の目に宿っていた、まさに「希望の光」。
人々のあんな目をみたのは、生まれて初めてかもしれません。


一昨日は、新大統領就任の記念コンサートのようなイベントがホワイトハウスで行われました。
それこそ、うとい自分ですら全員が分かる、壮々たるアーティストが集結しました。
一緒にワークアウトをしながら見ていたヘッドATのRogerは、出てくるメンバーの豪華さに"Oh my goodness”を連発してました。
(Beyonceがトリを飾ったことにも満足していたようです 笑)

コンサートの途中のスピーチでは、World War IIについて言及したものもありました。
かつては殺しあっていた相手の国で自分は働いていて、その国民であるRogerにとてもよく面倒をみてもらっていて、そのスピーチを一緒に聞いているという事実。
自分の知らない、多くの犠牲と努力の上にあります。
歴史に詳しくないので、軽率な発言になってしまわないか心配ですが、Rogerの隣でスピーチを聴きながら湧き上がってきた感情は、"感謝"でした。

父親から何回か言われ続けていましたが、アメリカの歴史に残る瞬間に、その国にいる、ということが、ようやく実感できました。
[PR]
by u2k_maru | 2009-01-21 11:06 | その他

Reunion



My friend TJ (he is a Japanese, by the way) came to NY for New Year’s event in Manhattan.
We used to be classmates in University of Arkansas when we were athletic training students.
He had been doing internship in MLB Texas Rangers’ affiliated team in Arizona, and eventually, he got fulltime job there.
Before his fulltime job start, he came to NY.
It was really good feeling that we met again after achieving what we wanted to do since we were in the same classroom, or even before.

Not many Japanese AT get fulltime job in professional baseball team in America.
It represents a good deal of his effort, passion, dedication, and gut.

Even though I could not find time to introduce TJ to my bosses (head trainer, assistant trainer, and therapist), the head trainer prepared a the Knicks game ticket for him, so I could take him to the game.
Knicks lost by 1 point (Pacers hit come-from-behind jumper in last 0.9 second…), but I think he enjoyed the game.

We taught each other what we learned through our internship.
Little by little, we are making progress and we won’t stop it.
I’m looking forward to next meeting in someday.

b0143079_1055316.jpg

[PR]
by u2k_maru | 2009-01-04 11:11 | その他

2008年と2009年

(今回だけ、日本語で書くことにします)

去年の年末、自分はArkansas basketballのチームと一緒に、コートで年越しをしました。
年を跨いでの練習でした。忘れません。
その他には、自分の記録によると、緑茶と間違えてブラックのコーヒーを一気飲みして、噴き出したようです。

去年の元旦、自分はこんな事を書いています。 

2008年、多くの変化がありました。
「勝負の年」と位置づけた一年。
勝ったかどうかは、言い切れないけれど、負けた気はしません。


Arkansas→Chicago→New Yorkと移動しました。

Arkansasでは、実習先であったバスケットボールチームで、かけがえの無い時間を過ごしました。SECトーナメントにも、 NCAAトーナメントにも帯同させてもらい、アメリカのカレッジバスケの醍醐味を大いに味わいました。
ATとしても、Daveの元で実習ができた事は、知識やテクニック云々よりも、プロとしての姿勢を彼の働く姿から学べたのは財産です。
生活面では、素敵なルームメイト達に恵まれ、笑いの耐えない時間を過ごしました。
家族のようでしたね。
大学院を卒業し、晴れてATCに。

コロラドでのNSCAのシンポジウムに参加中に、Attack Atheticsから連絡がありインターンの可能性が芽生える。そこから、何度も上り下りはあったけれど、取り得の粘りでインターンのポジションを獲得。ChicagoのAttack Athleticsで4ヶ月間のインターン。
Timには本当に面倒をみてもらい、感謝しきれません。
Professionalということは、徹するということ。
彼の元で働き、心からそう感じました。
PTのDaveからも多くを学びました。Manual Therapyの秘める大きな可能性に出会えたのもよかった。
Winona仲間のあっこちゃん、トモくんとも再会。
彼らの繋がりで色んな人に出会い、お世話になりました(特に、けんさん、お世話になりました)。
ATの先輩であり、お兄さん的存在のまささんに出会えたのも、ハイライト。
バスケ話から、ATの話、進路相談まで、ほんとうに楽しく、そしてお世話になりました。
これからもよろしくお願いします。

そして、9月からはNew York Knicksでのインターン開始。
ブログで更新しているので、今更書く必要はないと思います。
目標を一つに絞り、それにかけた甲斐は、間違いなくありました。
仕事以外でも、ずっとお会いしたかった人に会えたり、刺激に溢れています。
夢のように思えることも、全ては現実の延長なんだ、という事をひしひしと感じます。
プレイヤーとして高みを目指している栗原と再会できたり、バンリ君やつー君と出会えたのも良かったですね。



ちょっと振り返ろうとしたら、相当長くなってしまいました。
2009年の抱負。
「ATとしてだけでなく、1人の男として責任をもてる生き方をする」こと。
「(あまりに多く、そして大きくて返しきれる気はしませんが)恩返しをする」こと。



今年も一年、よろしくお願いします。
[PR]
by u2k_maru | 2009-01-01 13:11 | その他