働く事、文章を書く事

試合の日に働くのは、シカゴであった選手との再会を含め、とても楽しい。
ただ、いつも働いている練習場ではないために、やりにくい事がある事も事実。

例えば、試合の日にしか顔を合わせないボールボーイ達との関係。
彼らの仕事は、試合中の選手の脱ぎ捨てたウォームアップを畳んだり、タオルを渡したり、試合後のユニフォームの回収など。
彼らが、自分の事を気に入っていないのは、あからさまに分かります。

インターンの自分の仕事は、ヘッドトレーナーのアシスタントトレーナーの、そのサポート。試合中に人目につく仕事をする機会は物凄く少ないです。
だけれど、いつでもヘッドやアシスタントトレーナーの要望に対応ができるように身構えています。
ボールボーイ達の仕事を手伝いたいのだけれど、彼らの人手は十分に足りている上に、やはり注意を自分の仕事から逸らすわけにはいきません。たとえ実際に動く機会は少なかろうとも。
試合の後も、洗濯物の回収をしている彼らに比べたら、自分のする仕事は必要最低限のトリートメントだけ。選手も疲れていて早く帰りたいのです。

そういう自分は、彼らから見れば、大して働かないヤツがどうしてここにいるんだ、と映るようで、そういう態度をあからさまにとります。
きっと、そういう自分が彼らよりもチームの内側に属している事が余計に気に入らないんだろうな、とも思う。

一度、ボス格のボールボーイにつっかかられたので、自分は自分の仕事の説明をしました。それでも見下すような態度をとられたので、別にいいや、です。
自分は自分の仕事を誇りをもってする。
人に見てもらう為に仕事をするのではなく、チームの為に働くのみです。

前の試合中は、ゴールの真下に座っていたのだけれど、そこにいるカメラマンにも、似たような態度を取られました。これまた説明をしたけれど、その後もまたブツブツいうので、同じく、別にいいや、です。

自分と彼らの関係がチームに影響を与えるならば考え物だけれど、あくまで彼ら個人の、自分に対する印象だから気にする必要はないと判断します。
彼らには、彼らの仕事があり、自分には自分の仕事がある。彼らには自分ができない事があり、自分には彼らにできない事がある。それが理解できないなら、構ってられません。

せっかくなので、もう一つ別の事を。
NBAでのインターンをブログに書いていて、きっとこのブログを読んでいる人の中には、いい思いをしない人もいるかもしれないな、と思うことがあります。
もしかしたら、何を調子にのっているんだ、と思う人もいるかもしれません。
ですが、自分は書きます。
無駄に誇張せず、必要以上に謙虚になる事なく。

大きな舞台にいるからといって、自分が優れているなんて勘違いは間違ってもしないし、高校や大学でGAをされている人やインターンをされている人に比べたら、純粋なAthletic Trainerとしての経験は、彼、彼女らより確実に劣ります。それも、十分に承知しています。
だけれど、ここには、ここでしか経験できない事もあるのも事実。
働いている場所の規模の大きさだけでは、その経験の価値は評価できません。

自分はATのプログラムに入る前には、プログラムで勉強している方達のブログを読んで大きなモチベーションを貰っていたし、プログラムに入った後は、ATCとして働いている人たちのブログを呼んで、彼、彼女らに追いつきたい、同じ経験をしてみたい、と発奮材料にさせてもらったものです。

仮に、10人の人が自分のブログに好感を持たなくとも、1人の学生やNBAで働きたいと思う人のモチベーションや参考になれば、それでいいと思っています。
非難、中傷の類は一切書かないので、読みたくない人は、読まなければいい、というのが基本的な構え方です。

もう一つ、と書いたけれど、勢いに任せてもう一つ。

言葉で表現をするというのは、非常に危険が伴うものだと思います。
自分の行動を言葉で飾って正当化する危険。
例えば、自分の思い通りの結果が出なかったとき、それを「これは失敗ではない」という風に表現をする事。
人生は、相当極端な事が起きないかぎり、その道がどん詰まりになる事はなく、選択肢が無数にある以上、その数の分だけ解釈の仕方があります。だけれど、その出来事が起こった後の立場から、自分を守る為に、その出来事に向かっていた自分を見ぬ振りをしてしまうのは、よい事だとは思えません。自分自身に言い聞かせるだけでなく、公の場に書いてしまう事で、さらに自分を錯覚させてしまう事があるように思えます。

自分の目指していた場所に辿り着かなかったとき、失敗をした時に、自分を飾らずに「自分は負けた」と言える潔さを持っていたいと思う。でも、思っていた以上に自分は自分に対しては負けず嫌いなので、まずは負けない事が第一です。
[PR]
by u2k_maru | 2008-11-02 13:56 | 思う事
<< Showtime 1/82 >>