バスケットボール in NY

インターンをしている場所がトレーニング施設なので、シカゴにいた頃と同じように、仕事の後にトレーニング+シューティングという感じになりそうです。

ビデオスカウト(試合のビデオ解析する係)のMikeというバスケ仲間ができました。
今は自分の仕事がゆっくりなので、自分の方が早く仕事からあがります。
そこからトレーニングして、シューティングをしていると、彼が現れて1on1をします。

悔しい事に、現在3勝5敗。
膝の状態が完全でないことや、どこからシュートを決めても1点(スリーの意味なし)というルールなど、若干不利ではあるけれど、それがなかったとしても彼は上手です。

身長は180位でそこまでハンデにはならないけれど、自分より15lb重たくて、重要なところではポストアップを仕掛けられると、守れません。
押し込まれる前にボールを奪いたいのだけれど
"You reach, I teach"と余裕をもってかわされます。

特別に速いわけではないけれど、スペースの作り方がとても上手で、守りにくい。
点を決められるときは、大抵タイミングを外されたり、きれいにスペースを作られてます。
オフェンスでも間合いの取り方がうまく、攻めにくい。
オフェンスもディフェンスも、自分の力がうまく出せないです。

彼と1on1を重ねていけば、また新しい技術が見につきそうです。
彼いわく、"I already found your weakness, I will tell you when your internship is finished"だそうです。


この施設でオールコートのバスケをやるチャンスはなさそうだけれど、WNBAのシーズンが終わったら(NY Libertyは現在プレイオフ中)WNBAのコーチ達も参加するらしいです。
Knicksのアシスタントコーチの一人(30代かな?)は、元ヨーロッパでプレイしていた選手で、"二ヶ月練習したら、相手をしてやる"と言われました。

バスケットでも楽しい思い出ができそうです。
[PR]
by u2k_maru | 2008-09-24 09:07 | Basketball
<< physical 日曜日 >>