新しい役割

この一週間は、新しい役割が増えました。
Athletic Trainerとしてインターンをしているけれど、CSCSの資格を持っているという事で、クライアントのトレーニングを任せられるようになりました(プロ選手ではありません)。

Timに資格を所有している事を確認された翌日から、“彼にはspeedとagilityにフォーカスしたトレーニングを”と大まかな方向性を与えられ、後は任せてもらっています。
何の予告もなしに頼まれるし、実際にCSCSとしての役割を果たすのは始めてだけれど、自分が担当するクライアントは皆バスケットボールプレイヤー。
自分がずっとバスケットに活かす為のトレーニングを続けている事もあるし、今までシンポジウムや大学で学んできた経験が頭の中に溜まっているので、アイデアが尽きる事はなく、自分自身も楽しんで仕事ができてます。
自分がbetterなプレイヤーになりたい、と願って続けてきて得たアイデアを、自分より若くて素質のあるプレイヤーに還元できるのも、大きな喜びです。

最近、Timと Arkansasでお世話になったDaveに共通する点をよく感じます。
二人とも、いちいち優しかったりするわけではないし、それほど自分を気にかけている素振りは見せないのだけれど、実は凄く見ていてくれる。
先日、Timが自分のために、とある電話をかけてくれたのだけれど、その電話口で自分の事を説明する彼の言う事に、泣きそうになりました。
周りに分かるように振舞う事も一つのやり方だけれど、彼らのようなリーダーもまた、魅力的です。
[PR]
by u2k_maru | 2008-07-14 01:12 | ATTACK ATHLETICS
<< 環境 すきやきレベル >>