明日はJuly 4th。
アメリカの独立記念日です。

去年はアーカンソーで、ルームメイトのDustan夫妻とタカオと4人で、家の駐車場に止めたトラックの上で花火をみてたっけ。
今は、Dustan夫妻は Dallasで、タカオは新しいルームメイトと最後の一年を、そして自分はシカゴ。
時間が発つのは、早いです。

今、インターンをしているATTACK ATHLETICSには4面のフルコートバスケットボールコートが備えられています。
そしてそれに隣接するトレーニングルーム。
ウエイトトレーニングからバスケット専門のトレーニングまで非常にスムースに行えます。
ここの主でもあるTim Groverの著書"Jump Attack”にも書いてあったけれど、ウエイトトレーニングの直後にSports Specificなドリルを組み合わせると、いいらしい。
自分の感覚でも、そう思います。


贅沢なことに、仕事の前後はこの最先端の施設を自由に使わせてもらっています。

誰もいないバスケットコートは、自分の原点。
響き渡るドリブルの音、弾かれたネットの音、シュートを外した時のリングの音。
出る事の無かった試合の後に体育館に戻り、悔し涙を流しながら一人で練習した記憶。
高校時代の悔しい思いは、何年も経った今でも色褪せない。
静かなバスケットコートは思い出させます。
[PR]
by u2k_maru | 2008-07-04 11:20
<< 思ったこと 夢と欲 >>