「ほっ」と。キャンペーン

明と暗とは言い切れない。
だけど、そこにある大きな差には、なかなか慣れない。

インターンをしているAttack Athleticsは、シカゴのDowntownに位置しています。
ただ、その建物の中の質と立地場所には大きな差が。
何億というお金を稼ぎ出す選手達がトレーニングをしていて、そしてその選手達に見合っただけの施設。
そんな煌びやかな場所から一ブロック離れると、一人では歩きたくない環境。
ストリートには、特別な目的もなく(ように自分からは見えます)誰と話をするでもなく佇んいる人達や、ぼろぼろの服に身を包んで荷台を引き、どこかに向かう人達。

通勤にはそういうストリートを車で通るのだけれど、特に帰途には、一分前まで居た場所との大きな違いに、日本では感じた事の無い思いを抱く。
それは哀れみでも恐怖でもありません。
貧富の差、というにはあまりに極端だし例外だと思うので、アメリカの社会問題とか、そういう事でもないと思う。
自分でもよく分からないです。



さて、今週末のプランは膝を出来るだけ休めることと、解剖学の復習でした。

膝の回復はぼちぼち。
来週からは、もう少しアグレッシブなリハビリに取り掛かろうと思います。

勉強の方は、ひたすら解剖学。
どれだけ正確に人の体を理解しているか、が今のインターンでの学習を最大限に活かす鍵。
せっかく復習するなら、形に残そうと思いpower pointを使ってまとめています。
いい写真をネットで拾っては貼り付け、起始と停止、神経支配と基本事項を。
後で少しずつ情報を付け足していく事もパソコンを使えば簡単だし、今はしつこいくらいに基本を固めよーと思います。

それでは、また一週間がんばりましょー。
[PR]
by u2k_maru | 2008-06-23 07:03 | その他
<< 未来予想図 ギャップ >>