Intern 初日

無事に、シカゴに着いて、インターンの初日を終えました。
今は、少しはなれたMotelで膝をアイシングをしながらの更新です。
海南戦の赤木ばりの気合でテーピングをした膝は、大切な初日、頑張ってくれました。


昨日、昼前に修理された車を受け取り、さよならアーカンソー。
あいにくの雨だったけれど、予定通り8時間運転して、予定していた街で一泊。
今朝、3時に起きて、残りの行程(予定2時間)を渋滞により4時間かけてシカゴに到着。

予定通りに道に迷いつつ、シカゴの先輩マサさんの助けにより無事にATTACK ATHLETICSに到着。

施設は、去年、依然使っていたジムから移動してきたらしく、今も工事中です。
4面のNBAサイズのコートに、コート1つ分の大きさのトレーニングルーム。
NBA選手をはじめとするクライアント以外にも、WNBAのChicago Skyが練習していました。

建物に入ってまず目に入ったのは、大きな大きなアジア人プレイヤー(中国)。
後に彼のトリートメントをする事になり、判明した身長は7”8(233cm)!!
その後に目にしたNBAでプレイするセンターが、ガードに見えました。

まずは主のTim Grover氏にあいさつ。
雰囲気のある人でしたが、自分と同じく左足をびっこ引いてたので、勝手に親近感をもちました。
彼は選手の指導からピックアップゲームのタイマー役、さらに最後の掃除まで自分で動いていました。
早く全体の流れを把握して、自分が手伝えるところを見つけていきます。


今日は、自分のボスとなるATの方が不在。
自分で適当にやってていいよ、と言われたので、人に挨拶したり、トレーニングを見学したり、マッサージセラピストに少々教わったりしてました。

が、上に書いた中国人プレイヤーの膝の評価とトリートメントを頼まれたのをきっかけに(足の大きさがハンパなかったです。でっかい木みたい)、NBA選手までみることに。

この日、ATは自分だけとはいえ、初日の自分に任せていいのか?と思いつつも、
NBA選手だろうと、今まで見てきた大学の選手だろうと大きな変わりはありません。
(初めてUofAの選手の体を触った時にその体付きに驚いたのと同じように、NBA選手の体は更に一回り大きくて驚きはしましたが)
いつも通りに、自分のできる事をやりました。
自分に勉強させてくれた、今まで関わったアスリート達に感謝です。

最後は、ピックアップゲームを見学し、初日終了。

帰りにマサさんの職場を案内してもらい、さらに夕食をご馳走になりました。
バスケットの話からシカゴの話、ATの話と、とても楽しくタメになるひと時。

日本の田舎出身、アメリカの田舎しか住んだ事のない自分には、マサさんからのアドバイスは命綱です。
現在、宿泊している部屋には車に積んだ荷物が全て運び込まれています。
(タカオ、せっかく積んでくれたのにスマン)
外から物が見えると、車を壊されて盗まれてしまう恐れがあるそうです。
Motelの入り口にも注意書きがありました。
おそるべし、シカゴ。


まずは、この街に慣れること。
仕事も、生活も。
そして、トラブルに巻き込まれないようにすること。


ああ、せっかくの記念すべき初日なのに、疲れのせいか文章がまとまりません。
おとなしく、プレイオフを観つつ、休憩します。
[PR]
by u2k_maru | 2008-06-11 12:34 | ATTACK ATHLETICS
<< 場違い 出発前夜 >>