ドラフトとトレード

毎日のように、というか、毎日雨が降ります。
いい天気だなー、あとでストリートボールしにいこー、と思った30分後には雷鳴が轟き、ザッー。
中々バスケさせてもらえません。
その代わりに、夜、音楽を聴きながら縄跳びしてます。
久しぶりですが、シンプルながらいいトレーニングになります。
バスケの動きをイメージしながらステップを踏んだりするといい感じです。

さて、1日遅れになりますが、NBAのドラフトがありました。
一位指名は、前評判どおりにOklahoma UniversityのBlake Griffin。


自分がUniversity of Arkansasのバスケットボールチームで実習をしていて、最初に帯同した遠征が、対Oklahoma University戦でした。
この時Griffinはフレッシュマン(1年生)。
MacDonald's All Americanがいるとは聞いていたものの、顔も名前も知らなかったのですが、Griffinがベンチから出てきた次のプレーで、ああ、こいつの事か、と分かりました。
自分が実習していた年のArkansasのチームからはNBAで3人(NuggetsのSonny、今年LakersにドラフトされてHeatにトレードで行ったPatrick、D-leagueとThunderを行き来しているHill)、それにD-leagueでは2人プレイしている事から、そのレベルの高さに疑いはありません。
そんな彼らの練習やプレシーズンゲームを見なれた自分が、Griffinの動きには度肝を抜かれたのを覚えています。
6"10の体格と、身体能力のバランスが"オカシイ"というのがストレートな印象でした。
まさか、翌年のカレッジNo1プレイヤーと呼ばれ、今年の1位指名になるほどの器だったとは。

先に書いたPatrick Beverlyは、一年間ウクライナでプレイした後にドラフトされました。
NBA.comには
Strengths: Scoring guard who can light it up from mid-range or behind the three-point arc. Has a deadly jump shot and is capable of making it in a variety of ways. Rebounds well for his size.
と評されています。
2順目のドラフトなので、まずはロスター入りを目指して頑張ってほしいです。

お次はトレード。
ShaqのCavs入りよりも、Vince CarterのMagic入りの方に大きなインパクトを受けました。
自分、実はかなりCarterが好きです。
昔使っていた暗証番号に、彼の背番号を混ぜるくらい。
Half man and Half amazingと呼ばれる所以のダンクもそうですが、自分は彼のジャンプシュートや、ドライブの後のクリエイティブなステップワークが好きです。
実はアシストのセンスもかなりあると思います。
Turkogluの再契約がどうなるかわかりませんが、それが叶えばCarterとTurkogluでPG回せる気がします。
フリースローに不安のあるDwight Hawardに代わり、もともとクラッチタイムに強いのでラストショットを任されることも多そうです。

そんなVCのハイライトです。ちょいと前のものなので、ダンクばっかです。


そして最後に。
このオフのKnicksは多くの動きがあるのは十分に予想されていましたが、まずは最初のトレードが慣行されました。
QことQuentin RichardsonがGrizzliesに移籍しました。
Qはシカゴにいた時からとてもよく面倒を見てくれました。
選手達からもらったサイン入りのクリスマスカードにも、とても温かい文章をサインと一緒に書いてくれたり、試合の前に選手紹介が終わった後、コートに出る前に自分のところまで拳を当てにきてくれました。毎試合必ず。
SunsでSteve Nashと組んでいた年には、リーグでスリーポイント最多成功数をほこったようにスリーポイントが武器ですが、身体の強さを使ったミスマッチを活かしてのポストプレーもあります。
NYに戻った時に彼のロッカーがなくなってしまっているのが寂しいですが、新天地での活躍を祈ります。

ちょっと前のスリムだった時代のQのハイライト


ニックスにはまだまだ色んなトレードの噂があり、選手の半分くらいは入れ替わってしまうんじゃないでしょうか。

明日は天気がよくてストリートボールにでかけられますように。
[PR]
by u2k_maru | 2009-06-27 02:50 | Basketball
<< 台湾の床屋 パートII 3度目 >>