卒業

若造だと思っていても、20代後半になって、お嫁さんももらって。
どう生きていくか、という事を今までとは違った角度から考えるようになっています。

“頑張る”という行為は一種の麻酔のようなものらしいです。少なくとも、自分にとっては。
不安に対抗するには、一番手っ取り早く、そしてそれなりに効果もあります。

今も、1人の人生ではなくなった(今までだってずっと家族、友人に支えられてたけど)ことから来る経験したことのない責任感や、来る夏から始まるミシガンでの生活などを考えると、不安が無いワケがありません。
自分はとても臆病です。
今までだったら、それをかき消すために、”もっと頑張る”という選択肢をとってきました。
が、この生き方からは卒業しないといけないかな、という気がしています。
この生き方一本に頼ることからの卒業、と言ったほうが正確でしょうか。

運がいいことに(いいことかどうか、はここではやめておきます)、今までの自分にも、これからの自分にも、明確な目指すモノがあります。
それに向かって自分のペースでそれに向かう事が今までの自分の人生のベースでした。
自分のペースを崩されるのは好きではないし、その目標に向かっている自分、向かっていく感触に満足感を覚える性質のようです。
(それが努力をする人、という錯覚を周りの人にさせるようです)
が、これからは今までどおりのやり方が出来るわけがないし、そうするべきではないでしょう。

今まで、「自分らしさ」を形成していた中心となる価値観を変形させていく時期のようです。
(捨てるわけではありません。不可能でしょうし。)
この状態で新しい環境に向かっていくのは、今まで以上のプレッシャーを感じますが、ここは二人三脚でやっていけたらな、と思っています。

まとまりが無い文章ですが、こんな事を考えていたな、という記録の為に残しておくことにします。




今日の台湾は、一日中雨。
梅雨の時期のように湿っています。

あ、このブログを読んでくれている友人達で、7月の結婚式に観光がてら行ってやるか、という人がいたら、連絡ください。大歓迎です。
台湾で行うので、国外に来てもらわねばならないために、自分のほうから招待する事はしていません。
[PR]
by u2k_maru | 2009-06-05 01:31 | 思う事
<< Visa interview 家族 >>