再会

明日は仕事の後に空港に向かいます。
フィオナが台湾から会いにきてくれます。
前回彼女を見送ってから、一年の月日が流れました。

一年前は、アーカンソーにいました。
約一ヶ月間滞在してくれたけれど、バスケチームで実習をしていた自分はSECトーナメントとNCAAトーナメントに帯同したので家を空けなければならず、とても申し訳ないことをしました。
自分自身も、カレッジバスケの大舞台に帯同できる興奮と、フィオナを待たせている申し訳なさに挟まれて、そうとうに苦しかったのを覚えています。
今回は、チームの遠征の時期と重なっているから大丈夫! と思いきや。
事情があって遠征に帯同しない選手のワークアウトとトリートメントをチームが遠征で離れている間、担当する事に。

フィオナが来る事はヘッドのRogerも知っているので、とても申し訳なさそうに頼まれました。
予定はちょっと狂うけれど、part of this professionってヤツですので、そういって快く引き受けました。
Rogerの素敵なところは、自分が聞く前に"take your girl friend to the facility while you are working. if she want, she can stay in my office"と言ってくれるところ。
自分が働いているところを見せるのは、普段は出来ないことですし、一日2時間くらいなので、これはこれでいい機会かなって思います。

NYに来て8ヶ月くらいになりますが、仕事ばっかりで(働いているって感じは全くしないのですが)、NYに住んでるらしい事をしたことがありません。
時間もそうないですし、インターンの身であり、今後も学生をする者としては節約も大切です。
自由の女神がどこにあるのかすら知りません。

でも、この機会にNYを満喫しようと思います。
以前にも書きましたが、いつからか、経験は共有するもの、という感覚に傾いています。
行こうかな、とずっと迷っていたブロードウェイのミュージカルも、もう迷う必要はありません。
ニックスのゲームにも、チケットを準備してもらえたので招待できます。


この一年という年月は、自分とフィオナでは感じ方が違うのは当然。違う人間が違う場所で過ごしたのですから。
自分は多くの進展とそれに伴う新しい刺激に囲まれていたので、こんなことを言ったら怒られてしまいそうですが、あっという間の一年でした。
フィオナがどう感じているかはまだ分かりませんが、きっと自分が感じた1年よりも長かったんじゃないかなと。
自分を支えてくれて、待っていてくれて、そして身動きがとれない自分に代わって、前回辛い思いをさせたのにも関わらず、また会いにきてくれる大切な人に幸せな時間を過ごしてもらえるよう、柄ではないけれど張り切ろうと思います。

というわけで、次の更新は10日後です。
[PR]
by u2k_maru | 2009-03-29 13:25 | その他
<< 報告 big heart >>