大きな足跡

b0143079_1250275.jpg


前人未到の舞台に辿りつくという事は、大きな意味がある。
それを完遂する事は、それ以上の意味があると思う。

Columbia Universityでプレイする(今日からは、していた、と書いた方が正しいのかな)日本人初のDivision I basketball player、KJこと松井啓十郎君。
彼のカレッジでのキャリア最終戦に招待してもらって観て来ました。
(Columbiaのマスコットはライオンなので、さりげなくライオンのマークが入った靴を履き、チームカラーのブルーのTシャツを着て行きました)

彼がColumbia Universityでプレーする事が決まった時は、バスケットに強い関心を示さない日本のスポーツ新聞でさえ一面で取り扱った覚えがあります。
(自分はその頃、まだ日本にいました。居酒屋でアルバイトをしていた時期だったのを覚えています)
大げさではなく、日本人バスケットボールプレイヤーの歴史的な一歩でした。
そして、昨日の試合で4年間のキャリアを終え、その足跡を確かに残しました。

その試合の残り1.9秒は、Columbiaが2点リードで迎えた相手チームのスローイン。
NBAラインよりも遠い場所から放たれた逆転スリーポイントは、無情にもネットを弾きました。

試合後、目を赤くした彼が最初に発した言葉は、「すいません」でした。
高校、大学とアメリカでプレーした彼ですが、なんとも日本人らしい一言目。
その言葉を聞いた時、本当に「日本人」プレイヤーがDivision Iでキャリアをまっとうしたんだな、と改めて感じました。
個人のパフォーマンス、結果とともに悔いの残る最終試合だったかもしれないけれど、チームメイト、コーチ、そしてファンに4年間の労い、感謝の言葉をかけられている彼を、同じ日本人として、プレイヤーの端くれの自分はとても誇りに思いました。

「ありがとう」という気持ちを込めて、「おつかれさま」。
[PR]
by u2k_maru | 2009-03-09 13:26 | Basketball
<< Tiger Tiger Tig... 遺伝子 >>