「ほっ」と。キャンペーン

Bro...

先日受けたTOEFL。
その前日は家主Dの誕生日だったらしく、仕事を終えて家に戻るとパーティーやってました。
酔っ払ったメキシカンなおっちゃんに、やたら握手を求められました。
”明日の朝早いのに、まいったな”と頭で考えながら笑顔で応対しつつ、Happy Birthdayを伝えて、そそそと部屋に退散。

毎回の事ながら大音量の音楽と、天井から響く足音。
母さんが、救援物資(食べ物とか)と一緒に入れてくれた耳栓の出番かとも思ったけれど、目覚ましを聞き逃してしまうおそれもあるので、できるところまで耳栓抜きで頑張ってみようと決めました。
が、頑張ろうと気合が入ってしまった為になかなか寝付けず。

通常ならば夜通しで行われるパーティーですが、今回は12時を回る前に解散の雰囲気。
”おお、助かった”
と思いましたが。

ゲスト達が帰った瞬間に、Dが怒りだした模様。
”They didn't eat my birthday cake at all!! Fxxk!!”

え?そこ怒るところ?
と思いながら眠気を待っていましたが、どんどん加熱するD。
なにやらパーティーの前に奥さんと一悶着あった模様。
その愚痴を、滞在中の従兄弟Aにわめき散らかします。

”This is my birthday, Bro!!”
100回くらい叫んでた気がします。

”もう夜中だよ、Bro”って頭の中で返事をしてしまう自分。
寝れるわけがありません。

ミシガンでは、今の家賃を払えば、立派なアパートに住む事ができます。
待ち遠しいな、って思いました。
[PR]
by u2k_maru | 2009-02-17 12:27 | その他
<< Trade Deadline 後半戦 >>