嬉しい偶然

チームのメディカルスタッフ相手のプレゼンテーションが近づいてきました。
最初はKnicksの内だけだったのが、Rangersのメディカルスタッフも聞きに来る事になり、Strength coach達も、じゃあ俺も、みたいな感じで聞きにくるそうです。
そして、今度は録画をされることになりました。
この録画については、ちょっと事情があるのですが、まぁプレッシャーは大きくなればなるほどいい経験になるので、良い事です。

これはもう一段階、気合を入れねば、という事で、仕事の後はAssistant trainerのAnthonyのワークアウトの誘いを断り、図書館に直行。
今日は閉館が9時までだったので、8時過ぎまで図書館で過ごし、その後に施設に戻って1人でワークアウトとバスケをしてきました。

図書館で、ちょっと煮詰ってしまっていたアイデアも、コートでボールを突きながら1人でクルクルと走ったり回ったり飛んだりしていると、結構整理されました。

ワークアウトを終えて、食堂に寄って、残り物で遅い夕食。
食べてる間にESPNでも、と思ってテレビをつけると、見慣れた選手が飛び込んできました。

今日はESPNで、University of Arkansasのホームゲームが放送されていました。
最近はちょっと考えることも多めで、スケジュールのチェックを怠っていました。
普段と違う生活パターンをした事で生まれた、幸運な偶然です。

全米#4のOklahomaと#7のTexasを破ったRazorbacksですが、SECカンファレンスが始まってからは、勝ちナシの4連敗。
SECの厳しさは去年彼らと一緒に過ごしたので十分に知っているつもりですが、なんとか一勝が必要だった今日のAlabama戦。

今年のArkansasのバックコートは、フレッシュマンコンビ。
彼らの活躍は素晴らしかったです。
PGはキャリアハイに迫る10アシスト、SGはキャリアハイの26得点。
この二人は、去年自分が卒業した後にヘッドトレーナーのDaveを手伝った時などに見てたので、その素質は知っていましたが、見事な活躍で、チームを勝利に導きました。

自分が去年一緒に過ごした選手達も、確かな成長の跡を見せてくれて、終始鳥肌が立ちっぱなしでした。

コーチや、チームマネージャー達の姿も久々にみれてよかったです。

偶然、といえばそれまでですが、あまりに出来すぎているので、"もうちょい気合いれろ"という、自分の数ある原点の一つである、あのチームからのメッセージと受け取ります。
[PR]
by u2k_maru | 2009-01-30 14:49 | Basketball
<< ready for night... Happy New Year >>